HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2019年>大井川鐵道井川線沿線の地域活性化に向けたツアーを実施~通常公開していない施設を特別にご案内します~

プレスリリース 2019年

大井川鐵道井川線沿線の地域活性化に向けたツアーを実施~通常公開していない施設を特別にご案内します~

2019年12月6日

中部電力株式会社
大井川鐵道株式会社
株式会社JTB

中部電力株式会社(代表取締役社長 社長執行役員:勝野 哲、以下「中部電力」)、大井川鐵道株式会社(代表取締役社長:鈴木 肇、以下「大井川鐵道」)および株式会社JTB(代表取締役 社長執行役員:髙橋 広行、以下「JTB」)は、地域活性化および再生可能エネルギー事業の理解獲得を目的として、大井川鐵道井川線および沿線の魅力的な地域資源を活用した日帰りツアー(以下「本ツアー」)を、2020年2月15日・16日に実施いたします。

本ツアーは、JTBが旅行企画・実施し、通常では一般のお客さまは見ることができない「日本初の中空重力式ダム(注1)である井川ダムの内部」や「日本唯一のアプト式機関車(注2)車庫」などを見学することができます。また、国内外から注目を集めている秘境駅(注3)(奥大井湖上駅、尾盛駅)の見学や、廃線となった区間にあるトンネル内での食事など、大井川鐵道沿線地域の魅力に注目したツアーとなっています。

なお、中部電力が地域活性化を目的としたツアーに参画するのは初めてとなります。

今後も、中部電力、大井川鐵道およびJTBは、地域活性化に向けた取り組みを進めてまいります。

(注1)ダム内部に空洞を設けることで、コンクリート使用量を減らしたダム

(注2)機関車の床下に設置した歯車と、線路の真ん中に敷設した歯型レールを組み合わせて、急こう配を登る機関車

(注3)山中など、駅周辺に人家がなく、鉄道以外での到達が難しい駅を指す造語

【「今だけ冬の井川線」ツアー概要】

該当なし

日付

コース名

主な見学場所

定員

(先着順)

旅行代金

コース

2月15日(土曜日)

JR静岡駅発コース

中部電力井川ダム、奥大井湖上駅、尾盛駅など

30名

大人:9,800円
小人:8,800円

2月15日(土曜日)

大井川鐵道千頭駅発コース

中部電力井川ダム、アプト式機関車・アプト式機関車車庫、奥大井湖上駅、尾盛駅、ミステリートンネルなど

30名

大人:9,000円
小人:8,500円

2月16日(日曜日)

大井川鐵道アプトいちしろ駅発コース

アプト式機関車・アプト式機関車車庫、ミステリートンネル、いちしろ吊橋など

30名

5,000円
(大人・小人)

申込期間

2019年12月6日(金曜日)~2020年2月7日(金曜日)

申込先

新しいウィンドウを開きますJTBホームページ「たびーと」

またはJTB新宿第二事業部 Tel:03-5909-8119(平日:10時~17時)

 

添付資料

別紙

以上

別紙1

主なツアー内容

1 井川ダムの特別見学

井川ダムの内部および隣接する展示館を見学(冬期休館中の井川展示館を臨時開放)

井川ダムは、日本で初めて建設された中空重力式ダムであり、そのダムの水を利用する井川水力発電所の出力は最大62,000kW

井川ダムの特別見学の写真

2 アプト式機関車・機関車車庫の特別見学

アプト式機関車車庫ならびに9年に1回実施する機関車のオーバーホール(注1)の様子を公開

日本一の急勾配90パーミル(注2)を走行するアプト式機関車との記念撮影も可能

(注1)車両を部品単位まで分解し、検査・修理を実施すること

(注2)水平距離1,000mあたりの高低差90m

アプト式機関車・機関車車庫の特別見学の写真

(注2)水平距離1,000mあたりの高低差90mの写真

3 秘境駅「奥大井湖上駅」を堪能 

「COOL JAPAN AWARD 2019(注3)」を受賞した奥大井湖上駅にて、SNS等で話題のレインボーブリッジ展望台や駅に隣接するカフェなどをご案内

(注3)世界各地の審査員100人が、国際的な視点から「COOL」と感じたものを評価する賞

秘境駅「奥大井湖上駅」の写真

4 秘境駅「尾盛(おもり)駅」に延長停車

2019年度秘境駅ランキング(注4)第2位の尾盛駅において、初めて延長停車を実施

(注4)日本の秘境駅を研究している牛山隆信氏が作成しているランキング

5 井川線廃線「ミステリートンネル」内での昼食

廃線となった区間のトンネル内で、地元名物の大根蕎麦と落花生餅を使用した昼食をご用意

以上