中部電力|調査研究 - 電磁界(電磁波)について

電磁界(電磁波)について 調査研究

これまでに世界各国の研究機関がおこなった、さまざまな電磁界(電磁波)の健康影響に関する調査研究の内容を詳細にご紹介しています。

健康影響の評価方法

健康影響に関する研究には、人を対象に要因と疾病の関連性を統計的に観察する「疫学研究」と、その関連性のメカニズムを解明する「生物学的研究」の2つの研究方法があります。

人体への影響を検証するためには、「疫学研究」と「生物学的研究」の両者を総合的に評価し、因果関係の有無を検証する必要があります。

疫学研究と生物学的研究の関係図

電磁界(電磁波)による人への影響に関する調査研究

電磁界(電磁波)による人への影響には、非常に強い電磁界(電磁波)を浴びた時の影響(短期的な影響)と、弱い電磁界(電磁波)をずっと浴び続けた時にでてくるかもしれない影響(長期的な影響の可能性)があります。

短期的な影響

非常に強い1,000マイクロテスラ(μT)以上という電磁界(電磁波)を浴びたときに、神経や筋肉が刺激されることは明らかにされています。

短期的な影響のイメージ図

長期的な影響の可能性

「日常生活で浴びるような弱い電磁界(電磁波)でも、ずっと浴び続けることで影響が出てくるのではないか」という考えから、多くの科学者が研究をおこなってきました。研究が始まってから30年程経ちますが、日常生活で浴びる弱い電磁界(電磁波)の健康への影響は、科学的に立証されておりません。

長期的な影響の可能性のイメージ図
よくあるご質問・お問い合わせ
  • 科学的特性マップに関する意見交換会を開催