中部電力|防災の取り組み - 電力の安全・安定供給

電力の安全・安定供給 防災の取り組み

防災体制

お客さまに安心して電気をお使いいただくために、電気をお届けするまでの各過程において、災害に強い設備形成に努めるとともに、万一災害が発生した場合に備えて、早期復旧に向けた防災体制を整備しています。
災害の発生時や発生が予想される場合には直ちに非常体制を発令し、事業場ごとに非常災害対策本部を設置します。

防災体制

防災体制図

非常体制が発令された場合、あらかじめ定められた対策要員は直ちに出社し、対策本部長の指揮下で、被害・復旧状況の把握、復旧対応、行政機関との調整など、決められた任務にあたります。
また、災害発生に備え、日頃から国・地方公共団体や警察・消防などの機関との緊密な連携を図るとともに、電力の緊急融通、応援要員の派遣など他電力会社やグループ会社との相互協力体制を確立しています。

大規模地震への備え

中部電力の供給エリア内では、南海トラフ地震といった大規模地震の発生が危惧されていますが、こうした大規模地震に対して、耐震対策を中心とした、防災対策の強化に努めています。
東海地震については、「東海地震注意・予知情報」・「警戒宣言」が発表・発令された場合、全社に地震警戒体制を発令し、地震災害警戒本部を設置するなど、万全を期すこととしています。

早期復旧の取り組み

災害などの発生時には、ヘリコプターによる空からの情報収集、資機材や人員の輸送などがおこなえる体制も整えています。また、無線装置や光ファイバーケーブル通信を利用した通信網および衛星通信により非常災害対策本部間の連絡手段を確保しています。
さらに、病院や避難所などの重要な施設に対する速やかな応急送電のため、発電機車や移動用変圧器車などの特殊車両を主要な事業場に配備しています。

実践的な訓練の実施

全社防災訓練

各従業員が迅速かつ的確な対応ができるよう、日頃から事業場ごとに防災訓練、設備復旧訓練などの実践的な訓練を関係機関と協調して繰り返し実施しています。
特に、大規模地震の発生を想定して、全事業場が参加する全社防災訓練を、年に一度実施しています。訓練では、災害時の初動対応や社内外各所への情報伝達、お客さまへの広報などが、迅速・的確に実施できているかを確認しています。

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み