中部電力|放射性廃棄物の管理状況 - 実績データ

実績データ 放射性廃棄物の管理状況

放射性気体廃棄物年間放出量(単位:Bq)(2009年度~2015年度まで)

放射性希ガス

目標値・年度 1号炉および2号炉 3号炉、4号炉および5号炉
目標値 測定下限濃度未満(注1) 3.6×1015(注2)
2009年度 検出されず 検出されず
2010年度 検出されず 検出されず
2011年度 検出されず 検出されず
2012年度 検出されず 検出されず
2013年度 検出されず 検出されず
2014年度 検出されず 検出されず
2015年度 検出されず(注1) 検出されず

放射性ヨウ素

目標値・年度 1号炉および2号炉 3号炉 4号炉 5号炉
目標値 測定下限濃度未満(注1) 1.1×1011(注2) 1.1×1011(注2) 1.1×1011(注2)
2009年度 検出されず 検出されず 検出されず 3.0×105(注3)
2010年度 2.8×108(注5) 1.7×108(注5) 1.7×108(注5) 1.7×108(注5)
2011年度 1.4×107(注5) 8.5×106(注5) 8.8×106(注5) 8.9×106(注5)
2012年度 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず
2013年度 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず
2014年度 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず
2015年度 検出されず(注1) 検出されず 検出されず 検出されず

粒子状物質

目標値・年度 全排気筒
目標値 該当なし:3号炉、4号炉および5号炉
3.7×108(コバルト60):1号炉および2号炉(注4)
2009年度 検出されず
2010年度 4.9×105(注5)
2011年度 7.8×105(注5)(注6)
2012年度 検出されず
2013年度 検出されず
2014年度 検出されず
2015年度 検出されず

トリチウム(気体状)

目標値・年度 全排気筒
目標値 該当なし
2009年度 9.2×1011
2010年度 1.2×1012
2011年度 8.7×1011
2012年度 7.3×1011
2013年度 5.5×1011
2014年度 4.2×1011
2015年度 2.5×1011

表中の「検出されず」は測定結果が、検出限界以下であったことを示します。

(注1)表中の1号炉および2号炉の目標値「測定下限濃度未満」は、「発電用軽水型原子炉施設における放射性物質の測定に関する指針(昭和53年原子力委員会決定)」に定める測定下限濃度未満で管理することを表しています。また、1号機・2号機共用排気筒放射性希ガス、放射性ヨウ素の放出量および放出管理目標値は、1号機・2号機廃止措置の第2段階移行(2016年2月3日)までの値を示します。

(注2)3号炉・4号炉・5号炉合計の放出管理目標値を表しています。

(注3)2009年8月19日浜岡原子力発電所5号機 排気筒排ガスから、ごく微量な放射性ヨウ素が検出されました。

(注4)1号機・2号機共用排気筒における放出管理目標値です。1号機・2号機廃止措置の第2段階移行(2016年2月3日)後に設定しました。

(注5)2011年3月~2011年5月浜岡原子力発電所の排気筒排ガスから、ごく微量な人工放射性物質が検出されました(本事象は浜岡原子力発電所に起因したものではありません)。

(注6)2011年5月25日浜岡原子力発電所5号機 排気筒排ガスから、ごく微量な放射性物質が検出されました。

放射性気体廃棄物年間放出量(単位:Bq)(2008年度まで)

目標値・年度 放射性希ガス 放射性ヨウ素 粒子状物質 トリチウム(気体状)
目標値(注7) 6.3×1015 3.1×1011 該当なし 該当なし
1996年度 検出されず 検出されず 検出されず 8.1×1011
1997年度 検出されず 検出されず 検出されず 8.6×1011
1998年度 検出されず 検出されず 検出されず 9.0×1011
1999年度 検出されず 検出されず 検出されず 7.7×1011
2000年度 検出されず 検出されず 検出されず 7.1×1011
2001年度 検出されず 検出されず 検出されず 9.4×1011
2002年度 検出されず 検出されず 検出されず 8.0×1011
2003年度 検出されず 検出されず 検出されず 5.3×1011
2004年度 検出されず 検出されず 検出されず 8.0×1011
2005年度 検出されず 2.0×103(注8) 検出されず 7.5×1011
2006年度 検出されず 検出されず 検出されず 7.4×1011
2007年度 検出されず 検出されず 検出されず 7.4×1011
2008年度 検出されず 検出されず 検出されず 9.4×1011

表中の「検出されず」は測定結果が、検出限界以下であったことを示します。

(注7)2009年11月保安規定の変更により、放射性気体廃棄物の放出管理目標値を変更しています。

(注8)2005年7月27日浜岡原子力発電所可燃性固体廃棄物焼却炉排ガスから、ごく微量な放射性ヨウ素が検出されました。

放射性気体廃棄物

放射性希ガス 希ガス(クリプトン、キセノン、ラドンなど)のうち、放射能を持つもの。
(検出限界濃度:2×10-2Bq/cm3
放射性ヨウ素 ヨウ素のうち、放射能を持つもの。
(検出限界濃度:7×10-9Bq/cm3
粒子状物質 粒子状物質(セシウム、コバルト、マンガンなど)のうち、放射能を持つもの。
(検出限界濃度(コバルト-60で代表):4×10-9 Bq/cm3
トリチウム(気体状)

水素のうち、放射能を持つもの。
自然界のどこにでも存在しており、また、国連科学委員会報告書(2000年)では、トリチウムは宇宙線などにより毎年約7.2×1016Bqが生成され、地球全体で約1.3×1018Bqが存在するとされています。なお、至近20年間の最大値である2010年度のトリチウムの放出量(1.2×1012Bq)に基づき年間の被ばく線量を評価すると、法令により定められた線量限度(1mSv)の9万分の1以下の値です。

放射性液体廃棄物年間放出量(単位:Bq )(2009年度~2015年度まで)

トリチウムを除く放射性液体

目標値・基準値・年度 1号 2号 3号 4号 5号
目標値 3.0×108(注9)
(9.2×109
3.0×108(注9)
(9.2×109
3.7×1010 3.7×1010 3.7×1010
基準値 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
2009年度 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず
2010年度 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず
2011年度 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず
2012年度 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず
2013年度 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず
2014年度 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず
2015年度 放出なし 検出されず 検出されず 検出されず 検出されず

トリチウム(液体状)

目標値・基準値・年度 1号 2号 3号 4号 5号
目標値 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
基準値 3.0×1010(注9)
(9.2×1011
3.0×1010(注9)
(9.2×1011
3.7×1012 3.7×1012 3.7×1012
2009年度 5.6×108 5.3×109 4.3×1011 1.4×1011 7.1×1010
2010年度 5.6×108 3.8×109 3.1×1011 2.7×1011 5.5×1010
2011年度 2.4×108 1.5×109 1.0×1011 6.2×1010 3.0×1011
2012年度 4.4×107 2.1×109 4.8×1010 1.9×109 1.5×1011
2013年度 1.7×107 1.4×109 1.6×1010 3.8×109 2.9×1011
2014年度 1.1×107 1.7×108 4.9×109 検出されず 1.2×1010
2015年度 放出なし 1.8×109 3.8×1010 6.5×109 2.4×109

表中の「検出されず」は測定結果が、検出限界以下であったことを示します。

(注9)2015年1月30日浜岡原子力発電所1号機、2号機放射性液体廃棄物の希釈水を切り替えたことにより、トリチウムを除く放射性液体の放出管理目標値およびトリチウム(液体状)の放出管理基準値を変更しました。(切り替えに伴い、2014年2月の保安規定の変更が適用されています。)表中()内は2015年1月29日までのトリチウムを除く放射性液体の放出管理目標値およびトリチウム(液体状)の放出管理基準値です。

放射性液体廃棄物年間放出量(単位:Bq )(2008年度まで)

目標値・基準値・年度 トリチウムを除く放射性液体 トリチウム(液体状)
目標値(注10) 1.8×1011 該当なし
基準値(注10) 該当なし 1.8×1013
1996年度 検出されず 6.8×1011
1997年度 検出されず 6.0×1011
1998年度 検出されず 1.3×1012
1999年度 検出されず 9.4×1011
2000年度 検出されず 6.1×1011
2001年度 検出されず 6.2×1011
2002年度 検出されず 7.5×1011
2003年度 検出されず 5.9×1011
2004年度 検出されず 4.6×1011
2005年度 検出されず 7.5×1011
2006年度 2.7×104(注11) 6.8×1011
2007年度 検出されず 6.0×1011
2008年度 検出されず 7.3×1011

表中の「検出されず」は測定結果が、検出限界以下であったことを示します。

(注10)2009年11月保安規定の変更により、トリチウムを除く放射性液体の放出管理目標値およびトリチウム(液体状)の放出管理基準値を変更しています。

(注11)2006年9月23日浜岡原子力発電所3号機タービン建屋海水ドレンサンプから、補給水が放出されました。

放射性液体廃棄物

トリチウムを除く放射性液体 発電所からの排水中に含まれる不純物(セシウム、コバルト、マンガンなど)のうち、放射能を持つもの。(検出限界濃度(コバルト-60で代表):2×10-2 Bq/cm3
トリチウム(液体状) 水素のうち、放射能を持つもの。 自然界のどこにでも存在しており、また、国連科学委員会報告書(2000年)では、トリチウムは宇宙線などにより毎年約7.2×1016Bqが生成され、地球全体で約1.3×1018Bqが存在するとされています。なお、至近20年間の最大値である1998年度のトリチウムの放出量(1.3×1012Bq)に基づき年間の被ばく線量を評価すると、法令により定められた線量限度(1mSv)の10万分の1以下の値です。

放射性固体廃棄物管理状況(単位:本相当)

固体廃棄物貯蔵庫では放射性固体廃棄物をドラム缶などに封入し保管管理しています。
本数:200リットルドラム缶換算。
当該期間発生量には、新たに発生したものの他に分別・充填処理により詰替えなどをおこなったものを含みます。また、発電所内減量とは、焼却および分別・充填処理で減量したもので、発電所外減量とは、低レベル放射性廃棄物埋設センターへの搬出による減量を示します。

年度 当該期間の発生量 当該期間の減少量 発電所内減量 発電所外減量 貯蔵設備容量 当該期間末の保管量
1993年度 1,944 2,720 0 2,720 42,000 29,337
1994年度 3,160 2,400 0 2,400 42,000 30,097
1995年度 2,068 1,920 0 1,920 42,000 30,245
1996年度 2,208 1,760 0 1,760 42,000 30,693
1997年度 3,432 2,252 652 1,600 42,000 31,873
1998年度 3,960 3,869 3,069 800 42,000 31,964
1999年度 4,604 3,069 2,272 797 42,000 33,496
2000年度 4,208 2,622 2,102 520 42,000 35,085
2001年度 3,840 3,654 2,574 1,080 42,000 35,271
2002年度 1,876 1,380 340 1,040 42,000 35,767
2003年度 4,157 4,412 3,332 1,080 42,000 35,512
2004年度 3,436 3,876 2,900 976 42,000 35,072
2005年度 3,506 3,592 2,512 1,080 42,000 34,986
2006年度 4,280 3,682 2,602 1,080 42,000 35,584
2007年度 3,736 3,282 2,202 1,080 42,000 36,038
2008年度 5,300 5,880 4,800 1,080 42,000 35,458
2009年度 5,444 5,712 4,632 1,080 42,000 35,190
2010年度 5,284 5,664 4,464 1,200 42,000 34,810
2011年度 3,632 4,040 2,840 1,200 42,000 34,402
2012年度 4,908 4,956 3,756 1,200 42,000 34,354
2013年度 4,803 4,084 4,084 0 42,000 35,073
2014年度 5,080 5,544 4,344 1,200 42,000 34,609
2015年度 5,340 5,601 4,361 1,240 42,000 34,348

ガラス固化体返還実績

回数 当社分本数 全電力分本数 再処理委託先 国内到着日
第1回 該当なし 28本 AREVA NC

1995年4月26日

第2回 該当なし 40本 AREVA NC 1997年3月18日
第3回 10本 60本 AREVA NC 1998年3月13日
第4回 10本 40本 AREVA NC 1999年4月15日
第5回 10本 104本 AREVA NC 2000年2月23日
第6回 20本 192本 AREVA NC 2001年2月20日
第7回 28本 152本 AREVA NC 2002年1月22日
第8回 20本 144本 AREVA NC 2003年7月23日
第9回 該当なし 132本 AREVA NC 2004年3月4日
第10回 22本 124本 AREVA NC 2005年4月20日
第11回 20本 164本 AREVA NC 2006年3月23日
第12回 20本 130本 AREVA NC 2007年3月28日
第13回 該当なし 28本 Sellafield Ltd 2010年3月9日
第14回 該当なし 76本 Sellafield Ltd 2011年9月15日
第15回 7本 28本 Sellafield Ltd 2013年2月27日
第16回 28本 132本 Sellafield Ltd 2014年4月23日
合計 195本 1,574本 該当なし 該当なし

AREVA NC:フランス
Sellafield Ltd:イギリス

日本では、これまで使用済燃料の再処理のほとんどをフランスやイギリスの事業者に委託してきました。
再処理に伴って発生する高レベル放射性廃棄物は、ガラス固化体に加工されて日本に戻ってきます。ガラス固化体は、青森県六ヶ所村の高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターで30年~50年間自然通風により冷却された後、安全に地層処分される予定です。