みんなのおたよりコーナー

「歯」号についてのおたよりが届いたよ。

みんなのおたよりコーナー

愛知県名古屋市立緑小学校6年生のお友達

最近(さいきん)、ぬけた歯がありました。永久歯(えいきゅうし)に生え変(か)わるときに、ぬける歯がとけるということに、へえー、とおどろきました。

女性イラスト1

永久歯(えいきゅうし)に生え変(か)わるとき、乳歯(にゅうし)の根がとけて、ぬけるなんておどろきだよね。ぬけたのはどの歯だったのかな?生えたばかりの永久歯は、歯の表面があらくてよごれがつきやすいから、虫歯になりやすく、虫歯の原因(げんいん)になる、酸(さん)にも弱いんだよ。だから、歯が生えそろうまで、歯みがきがしにくいと思うけど、ていねいにみがいて虫歯を予防(よぼう)してね!また、ぬけてしまう乳歯だけど、永久歯が生える時に、乳歯が生えていた場所にきちんと永久歯が生えるように導(みちび)く大切な役目があるんだ。乳歯が早くにぬけてしまうと、永久歯が生える前にぬけた場所にとなりの歯が寄(よ)ってきて、永久歯が生える場所がなくなってしまうこともあるんだよ。乳歯のおかげで、永久歯の歯並(はなら)びやかみ合わせが保(たも)たれるんだね。

愛知県東海市立加木屋南小学校3年生のお友達

歯は食べものをかむときだけに使うと思っていたけれど、しゃベるときに使っていることを知った。歯はとてもかたくて強いことを知った。

女性イラスト2

みんなの歯が鉄よりかたいってびっくりしたよね!食べ物をかんだり、発音を助けたりといろいろな役割(やくわり)がある歯だけど、実は、スポーツとも深い関係(かんけい)があるんだ。重いものを持つ時に、歯を食いしばったことはあるかな?スポーツでも、ボールを投げるときや、ジャンプをするときなど、力を出す時に歯を食いしばることがあるよ。特(とく)に大事な歯は臼歯(きゅうし)で、臼歯が虫歯になると、歯を食いしばることができず、力が出せなくなってしまうんだ。歯のかみ合わせもとても重要(じゅうよう)で、かみ合わせが悪いと、うまくふんばることができなくなり、体がふらついてバランスがくずれてしまうんだよ。だから、多くのスポーツ選手(せんしゅ)は歯をとても大切にしているよ。歯は、体のバランスや筋力(きんりょく)にも大きく関(かか)わっているんだね。

静岡県静岡市立田町小学校6年生のお友達

歯を大切にしたいと思いました。あと、よくかんで食べたいと思いました。

女性イラスト3

そうだね!歯を大切にすることはとても大事なことだし、よくかんで食べることも、大事なことだね。よくかんでゆっくり食べると、食べ物を細かくくだいて消化しやすくなるし、口の中のだ液(えき)の量(りょう)が増(ふ)えるよ。だ液には、歯についた食べかすを洗(あら)い流(なが)し、口の中のばい菌(きん)を弱らせて体を守ってくれる役目があるんだ。さらに、だ液には、虫歯菌(むしばきん)が出す酸(さん)でとけてしまった歯のカルシウムを、また歯にもどして、歯を強くする働(はたら)きもあるよ。それを再石灰化(さいせっかいか)というよ。また、よくかむと、脳(のう)の働きや内臓(ないぞう)の働きも活発になるんだ!かむことは、歯にも、体の健康(けんこう)にも、良(よ)いことなんだね。

静岡県静岡市立横内小学校4年生のお友達

歯ぐきは、思っていたよりうすくて、その下が厚(あつ)かったんですね。勉強になりました。毎回見て、勉強したいです。ありがとうございました。

女性イラスト4

壁新聞(かべしんぶん)を見て勉強したいって思ってくれてうれしいな。ありがとう!思ったよりうすい歯ぐきだけど、あごの骨(ほね)を守るだけでなく、歯を支(ささ)えている大事な存在(そんざい)でもあるよ。歯ぐきが健康(けんこう)でなくなり、歯周病(ししゅうびょう)という病気になると、最悪(さいあく)の場合、歯がぬけてしまうこともあるんだ。健康な歯ぐきの目安は、色がうすいピンク色であること、形が歯と歯の間に入りこんで三角形に見えること、引きしまってかたいことだよ。歯ぐきから血が出ていたり、赤くはれたりしていたら、病気のサインなんだ。歯ぐきも、歯と同じように歯みがきをしっかりすることで、健康に保(たも)てるよ。歯といっしょに、歯ぐきの状態(じょうたい)もよくチェックしてみてね!

長野県長野市立青木島小学校6年生のお友達

歯の大切さが分かりました!ちゃんと歯みがきしようと思います!!次号も楽しみにしています。

女性イラスト5

今回の特集(とくしゅう)をしっかり読んでくれてありがとう!歯を大切にするためには、歯みがきがとても大事だね。今は、いろいろな歯ブラシや歯みがき剤(ざい)があって便利(べんり)だけど、昔はどうやって歯をみがいていたのかな?日本では、江戸時代(えどじだい)に歯みがきの習慣(しゅうかん)が広がったそうなんだ。当時は、指で直接(ちょくせつ)みがいたり、やなぎという木の小枝(こえだ)のはしをほぐして、毛のようにふさにした「ふさようじ」を歯ブラシにしていたよ。歯みがき剤には、薬草を混(ま)ぜた塩(しお)や、お茶わんなどを作るのに使うねん土にかおりをつけたものが売られていたんだって。今回は歯の特集だったけど、他(ほか)にも特集してほしいことがあったら、ぜひおたよりを送ってね。次号も楽しんで読んでもらえるとうれしいな!

  • 今回の特集(とくしゅう)についての感想や、特集に関係した身近な出来事、「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)など、思いついたことをなんでも書いて送ってね。
  • おもしろいおたよりを送ってくれた人の中から5名のお友達(ともだち)に「図書カード」を送るよ。
原アトム 森野いずみ 火野力太
おたよりを送る

ページトップへ