HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>お知らせ>お知らせ・トピックス>2019年>浜松自動運転やらまいかプロジェクトにおける「電柱ラッピング」の試行実施について

お知らせ・トピックス 2019年

浜松自動運転やらまいかプロジェクトにおける「電柱ラッピング」の試行実施について

2019年12月10日

中部電力株式会社

当社は、既存の設備を有効活用した新たなビジネスとして、地域社会の課題解決を目的とした電柱ラッピング事業を検討しております。この度、浜松市、SBドライブ株式会社、スズキ株式会社、遠州鉄道株式会社が4者で進めている浜松自動運転やらまいかプロジェクト(注1)において、「電柱ラッピング(注2)」を試行実施することとしましたので、お知らせいたします。

浜松自動運転やらまいかプロジェクトでは、駅やバス停から離れた地域における高齢者等、交通弱者の移動手段の確保を目的に、自動運転の実用化に向けた実証実験が行われています。今回、第2回実証実験(注3)のスマートバスの運行に合わせ、社会課題解決へのお役立ちと視認性等の確認を目的に電柱ラッピングによるバス停表示を実施することとしました。また、バス停を設置する場所が通学路であることから、実証実験終了後も通行車両に向けた安全表示を行います。(試行実施内容の詳細については、別紙をご参照ください。)

今後、試行の結果を踏まえ、社会課題解決に資する有効なツールとして、電柱ラッピングのサービス化に向けて検討してまいります。

(注1)浜松自動運転やらまいかプロジェクトの詳細については、以下をご覧ください。

新しいウィンドウを開きます浜松市ホームページ「浜松自動運転やらまいかプロジェクト」

(注2)電柱ラッピング:種々のデザインをしたシート状のシールを電柱に貼り付け、防災・観光等に資する表示を行うもの

(注3)第2回実証実験期間:12月10日(火曜日)~12月23日(月曜日)

別紙

以上

別紙1

「電柱ラッピング」の試行実施内容

1 試行期間

2019年12月10日〜2020年11月30日(概ね1年間を予定)

2 試行場所

静岡県浜松市西区白洲町3353-1地先の電柱

3 ラッピング内容

ラッピングは、電柱約5mの高さまで実施しております。また、維持メンテナンスに必要な費用を協賛企業からの広告収入により充当する仕組みを想定し、上部に協賛企業名を入れたデザインとしております。

ラッピング後とラッピングデザインの図

【参考:電柱ラッピングデザイン例】

目的に応じて自由にデザイン可能です。ラッピングのデザインイメージは、下記をご参照ください。

ラッピングデザイン例の図

(注)屋外広告物条例等や電柱の金具等の設置状況により、実施可否や表示位置・面積および表示可能な色等が異なる場合があります。

以上