プレスリリース バックナンバー(2010年)

静岡市清水区におけるメガソーラー発電所の開発計画について

2010年9月22日

中部電力株式会社

当社は本日、静岡市清水区におけるメガソーラー発電所の開発計画を決定しました。

本計画は、静岡市清水区三保の当社所有地に、発電出力8,000kW(8MW)の当社管内最大となる太陽光発電所を2014年度(平成26年度)の運転開始を目指し、建設するものであり、年間約4,000トンのCO2削減を見込んでおります。

当社は、「メガソーラーたけとよ」、「メガソーラーいいだ」の開発を進めており、静岡市清水区における開発は、3地点目のメガソーラー発電所となります。

今後、当社は、静岡市と相互に協力し、地元の皆さまにご理解・ご協力をいただくよう努めるとともに、本計画について、静岡県をはじめとした関係各所にご説明し、ご指導を賜りながら協議を進めてまいります。

当社は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの開発・導入および原子力発電の着実な推進など、引き続きCO2排出量の少ないエネルギーの導入に積極的に取り組んでまいります。

【メガソーラー発電所の計画概要】

発電所名

メガソーラーしみず(仮称)

所在地

静岡市清水区三保

開発規模

8,000kW(8MW)

想定年間発電量

840万kWh
(一般家庭2,300世帯分の年間使用電力に相当)

着工予定

2012年度(平成24年度)

運転開始予定

2014年度(平成26年度)

開発敷地面積

約17万m2

 

別紙

以上