HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>バックナンバー>バックナンバー(2011年)>平成23年東北地方太平洋沖地震の知見等を踏まえた原子力施設への地震動および津波の影響に関する安全性評価実施計画書の提出について

プレスリリース バックナンバー(2011年)

平成23年東北地方太平洋沖地震の知見等を踏まえた原子力施設への地震動および津波の影響に関する安全性評価実施計画書の提出について

2011年11月18日

中部電力株式会社

当社は、平成23年東北地方太平洋沖地震の知見等を踏まえて出された経済産業省原子力安全・保安院からの指示(注1)に基づき、浜岡原子力発電所施設への地震動および津波の影響に関する安全性評価実施計画書を、本日、同院へ提出しましたので、お知らせします。

本指示に基づき、津波・地震に関する評価を行うとともに、これまでと同様、津波・地震に関する情報収集に努め、新たな知見については今後の評価に適切に反映していきます。

 

1 原子力安全・保安院の指示の内容

(1)中央防災会議における検討および地震調査研究推進本部の海溝型地震長期評価を参考に想定波源域を広げた適切な津波の解析をおこなうとともに、波源の時間差や長周期の波と短周期の波の重畳も考慮した適切な津波の評価をおこなうこと。

(2)地震調査研究推進本部の海溝型地震長期評価を参考に想定波源域を広げ、適切な地震の評価をおこなうこと。

(3)上記評価の実施計画を策定し、2011年11月18日までに提出すること。

(4)実施状況について2ヶ月を超えない範囲で定期的に報告し、評価については、取りまとめ次第報告すること。

2 実施計画

実施計画

 

(注1)経済産業省原子力安全・保安院の指示:2011年11月11日に経済産業省原子力安全・保安院により発出された「平成23年東北地方太平洋沖地震の知見等を踏まえた原子力施設への地震動及び津波の影響に関する安全性評価の実施について(指示)」(平成23・11・02原院第4号)

(注2)以降の実施状況については2ヶ月を超えない範囲で報告予定です。2012年春に予定されている文部科学省地震調査研究推進本部による南海トラフの地震の長期評価の検討およびそれを反映した内閣府中央防災会議における検討を適宜反映する予定です。なお、この工程は評価の進捗等により変更する場合があります。

 

以上