プレスリリース バックナンバー(2011年)

上越火力発電所1-1号の試運転における発電開始について

2011年12月8日

中部電力株式会社

当社は、本日、試運転中の上越火力発電所1-1号のガスタービンを電力系統に並列し、試運転における発電を開始いたしましたのでお知らせいたします。

上越火力発電所は、LNG(液化天然ガス)を燃料とする最新鋭のコンバインドサイクル発電方式を採用し、国内最高水準の熱効率(注)(58%以上を目標)を達成することでCO2を削減するとともに、長野県方面の電気の安定供給に寄与することを目的に、建設工事を進めております。

すべての設備が運転開始すると、火力発電設備の総合熱効率の向上により、LNGの使用量は年間60万t、CO2排出量は年間160万t程度削減される見込みです。

2012年7月の1-1号営業運転開始に向けて、試運転において機能性、安全性を十分に検証し、将来にわたり万全な供給力として設備を完成させるよう、準備を進めてまいります。

(注)熱効率とは、燃料の燃焼によって発生した熱エネルギーのうち、どれくらいの量が電気エネルギーに変わったかという割合を表す数値です。

【上越火力発電所の概要】

所在地

新潟県上越市八千浦2

出力

1号系列(1-1号、1-2号)
  1,190,000kW(595,000kW×2ブロック)
2号系列(2-1号、2-2号)
  1,190,000kW(595,000kW×2ブロック)

発電方式

コンバインドサイクル発電方式
(1300°C級改良型ガスタービン)

着工年月

1号系列  2007年3月
2-1号    2008年4月
2-2号     2010年2月

営業運転開始予定

1-1号     2012年7月
1-2号     2013年1月
2-1号     2013年7月
2-2号     2014年5月

 

以上