プレスリリース バックナンバー(2012年)

託送供給約款の変更届出について

2012年6月20日

中部電力株式会社

当社は、本日、電気事業法の改正等における制度変更の内容を反映するため、経済産業大臣に対して、託送供給約款の変更届出および託送供給特例承認の申請をいたしました。主な内容は以下のとおりです。

1 託送供給約款の変更届出の概要

  • 電気事業法の改正(2012年4月1日施行)等にもとづき、特定電気事業者が託送供給を利用できるように供給条件を設定いたしました。
  • 2012年7月1日より託送料金算定ルールが変更されることを踏まえ、託送供給に伴う変動範囲超過電力料金のうち、夜間時間の料金率を30.16円/kWhから20.10円/kWhに見直しました。
  • 電気事業法施行規則の改正および再生可能エネルギーの固定価格買取制度の実施を受け、再生可能エネルギー発電設備および電気自動車専用急速充電設備に関する発電場所および需要場所についての特別措置を設定いたしました。

2 託送供給特例承認申請の概要

  • エネルギー分野における規制・制度改革に係る方針(2012年4月3日閣議決定)を踏まえ、受電電圧が低圧の場合でも託送供給を可能とするための暫定措置として、「低圧受電についての特別措置」を申請いたしました。
  • 現在適用している託送供給約款以外の供給条件のうち「燃料費調整」「電源線省令の経過措置終了にともなう料金変更」「太陽光発電促進付加金」については、引き続き適用するため、これまでと同様の内容で再申請いたしました。

3 実施日

  2012年7月1日

 

以上