プレスリリース 2014年

西名古屋火力発電所7号系列の建設工事の開始

2014年1月30日

中部電力株式会社

当社は本日、西名古屋火力発電所7号系列の建設工事を開始いたしましたので、お知らせいたします。

西名古屋火力発電所7号系列は、世界最高水準の熱効率の発電設備となり、運転開始によりLNGの有効活用およびCO2排出量の削減が可能となります。

当社は、昨年11月に西名古屋火力発電所1~4号機を廃止し、現在撤去工事を進めています。本日より7号系列の建設工事を並行して進めていくこととなりますが、引き続き、地元の皆さまおよび関係各所のご理解・ご協力をいただきながら、安全第一に工事を進めてまいります。

【西名古屋火力発電所7号系列の概要】

所在地

愛知県海部郡飛島村東浜三丁目5番地

出力

合計:231.6万kW
7-1号:115.8万kW
7-2号:115.8万kW

発電方式

高効率コンバインドサイクル発電方式

設備構成

多軸式(ガスタービン3台+蒸気タービン1台)×2ブロック

使用燃料

LNG(液化天然ガス)

熱効率

62%程度(低位発熱量基準)

営業運転開始

7-1号:2017年9月予定
7-2号:2018年3月予定

以上