HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2016年>秋田県秋田港及び能代港洋上風力発電事業の開発可能性調査共同実施について

プレスリリース 2016年

秋田県秋田港及び能代港洋上風力発電事業の開発可能性調査共同実施について

2016年7月27日

中部電力株式会社

当社ならびに、丸紅株式会社、株式会社大林組、東北自然エネルギー株式会社(注)、エコ・パワー株式会社、株式会社秋田銀行、関西電力株式会社、大森建設株式会社、秋木製鋼株式会社、株式会社加藤建設、株式会社寒風、協和石油株式会社、株式会社沢木組及び三共株式会社(以下、「共同事業実施者」)計14社は、秋田県が公募した「秋田港及び能代港における洋上風力発電事業」(以下、「本事業」)の開発可能性調査を共同で実施することにつき合意いたしましたので、お知らせいたします。

本事業は、秋田県が県内の再生可能エネルギー導入の拡大、ならびに産業振興を目的とし、秋田港及び能代港において洋上風力発電事業者の公募をおこなったもので、2015年2月5日に丸紅株式会社が事業者として選定されています。

現在は、合計出力14.5万kW(秋田港6.5万kW、能代港8.0万kW)の着床式洋上風力発電の計画を想定し、丸紅株式会社を中心に開発可能性調査を実施しておりますが、このたび、同社が2016年4月に設立した特別目的会社「秋田洋上風力発電株式会社」へ当社も含めた共同事業実施者が出資をおこない、共同にて開発可能性調査を実施することとなりました。

今後の調査の結果、事業化が可能と判断された場合には、事業化に向けた投資判断をおこない、地元地域の十分な理解を得たうえで、建設・事業化段階に移行します。

秋田県は日本国内でも有数の風況の良い地域であり、本事業の実現に向け、地域の皆さまのご理解とご協力を頂きながら、本事業の開発可能性調査を実施します。

 

(注)東北電力株式会社の完全子会社で再生可能エネルギー発電事業を実施

【案件概要】

発電形態:着床式洋上風力発電

サイト:秋田県秋田港湾区域及び能代港湾区域(合計約730ha)

発電規模:想定合計出力14.5万kW

事業期間:20年間予定

【サイトマップ】

サイトマップの図 

以上