HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>原子力に係る公募研究の募集開始(2017年度研究開始分)

プレスリリース 2017年

原子力に係る公募研究の募集開始(2017年度研究開始分)

2017年1月10日

中部電力株式会社

当社は、原子力安全技術研究所において、浜岡原子力発電所のさらなる安全性向上と発電所の運営改善に向け、幅広いテーマを募集する公募研究(注)を実施しています。

このたび、2017年度から研究を開始する公募研究の概要をとりまとめ、本日より、募集を開始いたしますのでお知らせします。

 

1.公募研究の概要

(1)応募資格

ア.全国の大学、公的研究機関で科学技術研究に従事している研究者で、(2)の研究領域に関する研究が遂行可能な研究者または研究グループのリーダー

イ.静岡県内に本社または支社(事業所)があり、(2)の研究領域に基づいた研究が遂行可能な企業

(2)今回募集する研究領域

ア.原子力の将来技術に資する基礎基盤的研究

イ.原子力発電所の安全性向上に資する研究

ウ.浜岡原子力発電所1,2号機の廃止措置の改善に資する研究

エ.浜岡原子力発電所3,4,5号機の保守性・作業性の向上に資する研究

(3)募集期間

2017年1月10日(火曜日)~2月20日(月曜日)

(4)研究期間

2017年度開始とし、期間は2年以内

(5)研究費・採択件数

1件あたり500万円/年を限度とし、合計10件程度を採択予定

(6)研究の形態

共同研究または委託研究

(7)選考方法

社外の学識経験者等を委員とする「アドバイザリ・コミッティ」を編成して、一次・二次選考を経て決定します。

2.研究発表会の実施

採択された研究については、年1回、研究報告書を提出していただきます。

また、当社が開催する研究発表会で発表していただき、この発表会は、広く地域の皆さまに公開する予定です。

 

(注)当社は、原子力発電所の構内に設置した原子力安全技術研究所において、原子力の安全性向上に資する研究について新たな視点で幅広い技術を見出すことを目的として、2013年度から公募研究を実施しており今回が5回目となります。

 

以上