HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>省エネルギーを実現するガス焚吸収冷温水機の開発について ~これまで見過ごされていた始動・停止の時間とエネルギー消費量を半減~

プレスリリース 2017年

省エネルギーを実現するガス焚吸収冷温水機の開発について ~これまで見過ごされていた始動・停止の時間とエネルギー消費量を半減~

2017年3月14日

荏原冷熱システム株式会社
中部電力株式会社

荏原冷熱システム株式会社(以下、「荏原冷熱システム」)と中部電力株式会社(以下、「中部電力」)は、ガス焚吸収冷温水機(注1)の始動時にかかる時間とエネルギー消費量を半減(注2)できる制御方法(以下、「本制御」)を搭載したガス焚吸収冷温水機を共同開発しましたので、お知らせします。

ガス焚吸収冷温水機には始動時間が長いという弱点がありました。

そこで、長い始動時間の主因である停止時の希釈運転(注3)を、運転状況から判断して最小限にとどめるように改良するとともに、始動時の燃焼量制御を見直し、ガス焚吸収冷温水機への入熱量を始動直後から大きくする制御方法を開発しました。

本制御を搭載したガス焚吸収冷温水機は、従来の制御方法に比べて始動にかかる時間とエネルギーの半減を達成しました。

本開発機は、荏原冷熱システムが本年4月から発売します。

■開発したガス焚吸収冷温水機の特長

  1. 始動時の時間とエネルギー消費を半減
    従来、20分~30分程度要していた始動時間を、10分~15分程度に半減。これにより、電気式冷凍機と同様の冷水需要への素早い対応を実現し、始動・停止に係るエネルギー消費量も半減。
  2. 従来機にも搭載可能
    本制御は既存の荏原冷熱システム製ガス焚吸収冷温水機の一部にも搭載可能(注4)であるため、販売済みのガス焚吸収冷温水機のお客さまの省エネルギーにも貢献。

(注1) ガス焚吸収冷温水機
圧縮機を使用せず、冷媒(水)を吸収溶液に吸収させて冷水をつくる冷凍機です。水分を分離して吸収溶液の濃度を上げ、吸収能力を回復(再生)させるために、ガスの燃焼熱を用います。なお、ガスの燃焼熱を加熱源にして、暖房用の温水をつくることも可能です。

(注2) 始動時にかかる時間とエネルギー消費量を半減
前回停止時の冷凍負荷率がおおむね70%以下の場合、始動時にかかる時間とエネルギー消費量を半減できます。なお、始動時間の削減率は、前回停止時の冷凍負荷率により異なります。

(注3) 停止時の希釈運転
ガス焚吸収冷温水機では、再生器と呼ばれる部屋で作られた高濃度の吸収溶液の温度が停止中に下がり、結晶化することを防止するため、停止時に高濃度の吸収溶液を薄めるための希釈運転を行います。始動時には、希釈した吸収溶液を再度濃縮する必要があるため、ガス焚吸収冷温水機の始動時間が長い主因となっています。なお、希釈運転の間は水の凍結を防止するため、ガス焚吸収冷温水機内のポンプだけでなく、機外の水ポンプの運転も必要です。

(注4) 本制御は既存の荏原冷熱システム製ガス焚吸収冷温水機の一部にも搭載可能
既存の荏原冷熱システム製ガス焚吸収冷温水機の一部に対しても、本年9月より本制御を追加する改造を、ご要望に応じ有償にて実施いたします。 
本年9月から本機能を追加する改造が可能な機種はRCD型(1997年に生産を開始した機名がRCDで始まる機種)、RED型(2000年に生産を開始した機名がREDで始まる機種)およびRGD型(2008年に生産を開始した機名がRGDで始まる機種)です。対応機種は順次拡大予定です。ここで、○○○型は荏原冷熱システムの機種記号を示します。 
本機能を追加するには、ガス焚吸収冷温水機への制御機器の追加および電気系統の改造が必要です。

添付資料

以上