HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>ドイツにおける洋上風力発電所向けの海底送電事業への参画について

プレスリリース 2017年

ドイツにおける洋上風力発電所向けの海底送電事業への参画について

2017年4月25日

中部電力株式会社
三菱UFJリース株式会社

中部電力株式会社(代表取締役社長:勝野 哲、本社:名古屋市東区、以下「中部電力」)と、三菱UFJリース株式会社(代表取締役社長:白石 正、本社:東京都千代田区、以下「MUL」)は、ドイツにおける洋上風力発電所向けの海底送電事業に共同して参画することといたしましたので、お知らせいたします。

中部電力およびMULが設立した共同出資会社(Chubu Electric Power & MUL Germany Transmission GmbH)は、三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)から、本事業の事業権を有している三菱商事子会社の株式の49%を取得することで三菱商事と合意し、株式譲渡契約を締結いたしました。

中部電力およびMULが、海外の送電事業に参画するのは初めてとなります。

本事業は、北海洋上にある風力発電所を結ぶ、送電亘長が100km超となる4つの海底送電ケーブル(BorWin1、BorWin2、DolWin2、HelWin2)の運営および保守を行うもので、オランダ国営送電事業者であるTenneT Holding B.V.(以下、テネット社)および三菱商事子会社が、その事業権を保有しております。

中部電力は、本事業により長期にわたり安定した収益が期待できるほか、これまでに培ってきた信頼性の高い送変電保守に関する技術や知見も活用していきたいと考えております。

MULは海外社会インフラ事業への投融資を重点施策の一つとして2016年度に新組織を立ち上げております。

本事業はその第一弾となり、今後もMULは、国内外の社会インフラ事業に積極的に参画してまいります。

別紙

以上