HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>気象予測を基にAI・IoT技術でエアコンを快適に省エネ運転 快適な低炭素化住宅の実現を目指すUR賃貸住宅で実証実験

プレスリリース 2017年

気象予測を基にAI・IoT技術でエアコンを快適に省エネ運転 快適な低炭素化住宅の実現を目指すUR賃貸住宅で実証実験

2017年6月7日

独立行政法人都市再生機構
株式会社環境エネルギー総合研究所
一般財団法人日本気象協会
株式会社インターネットイニシアティブ
中部電力株式会社

独立行政法人都市再生機構(以下UR)、株式会社環境エネルギー総合研究所(以下EER)、一般財団法人日本気象協会(以下JWA)、株式会社インターネットイニシアティブ(以下IIJ)及び中部電力株式会社(以下、中部電力)は、URの所有する賃貸住宅(以下UR賃貸住宅)において、快適な低炭素化住宅の実現を目指し、気温予測等にもとづきエアコンを制御する共同研究に取り組むことで合意いたしました。

今回の共同研究では、気象データと、エアコンに設置したIoTタップから収集した消費電力量や室内環境等のデータをもとに、既存の「エアコン適正稼働モデル」を用い、エアコンの効率運転について検証を行います。

まずは、2017年10月以降に首都圏・中部圏のUR賃貸住宅において実証実験の開始を目指します。

EER、JWA、IIJおよび中部電力の4社は、最新のAI及びIoT技術を用いて、生活を豊かにする「コネクテッド・ホーム」(※1)の実現を目指すと共に、スマートウェルネス住宅(※2)やゼロエネ住宅の推進にも貢献してまいります。

【共同研究のイメージ】

共同研究のイメージ

添付資料

以上