HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>浜岡原子力発電所5号機タービン建屋1階大物搬入口付近における作業に使用していた集じん機のフィルタからの発煙について

プレスリリース 2017年

浜岡原子力発電所5号機タービン建屋1階大物搬入口付近における作業に使用していた集じん機のフィルタからの発煙について

2017年11月18日

中部電力株式会社

2017年11月18日午前9時58分、施設定期検査中の浜岡原子力発電所5号機タービン建屋1階大物搬入口付近(放射線管理区域内)において、協力会社社員が金属の切断作業をおこなっていたところ、切断によって発生する金属粉を捕集するために使用していた集じん機のフィルタから発煙があることを確認しました。ただちに、近くにいた協力会社社員が集じん機の電源を切るとともに消火器による消火活動をおこなうことにより発煙がおさまりました。

本事象について、消防署に通報するとともに当社の初期消火要員による現場確認をおこないました。午前11時8分、消防署による現場確認の結果、鎮火していることが確認されました。

今後、発煙に至った原因について調査をおこなってまいります。

本事象は外部への放射能の影響に係るものではありません。また、人身災害もありません。

別紙

以上