HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>エネルギーマネジメントシステムの共同開発について

プレスリリース 2017年

エネルギーマネジメントシステムの共同開発について

2017年11月27日

中部電力株式会社
株式会社デンソー

中部電力株式会社(本社: 名古屋市東区、代表取締役社長: 勝野 哲、以下 「中部電力」)と株式会社デンソー(本社:刈谷市昭和町、取締役社長: 有馬 浩二、以下「デンソー」)は、HEMS(注1)を活用してエコキュート(注2)や全館空調を自動制御することにより、地域の電力の需要と供給のバランスに応じてご家庭の電力需要を調整するエネルギーマネジメントシステム(以下「本システム」)を共同開発しました。

本システムは、中部電力の需要調整システムとデンソーのHEMS制御用システムを連係することにより、夏場の電力使用量が多い時間帯など中部電力が電力需要を抑えたい場合に、お客さまの利便性や快適性を損なわず、ご家庭の電力需要の自動制御を可能とするものです。

具体的には、中部電力から電力需要調整の依頼がデンソーのHEMS制御用システムに入り、ご家庭に設置されたHEMSからの指令によりエコキュートや全館空調を自動で制御し、ご家庭の電力需要を調整いただきます。

また、本システムの開発にあわせて、電力需要の調整による湯沸かしの停止によって湯切れすることがないよう、残湯量や日々の使用状況に応じて、電力需要調整の時間を外しながら、湯沸かし時間を変更する制御を共同開発し、導入した新型エコキュートを、11月28日よりデンソーから販売開始します。

中部電力は、これまでご家庭の電力需要を調整する取り組みとして、需要抑制を促す実証試験や電力使用量が多い時間帯に外出を促すサービスを実施していますが、本システムのようにご家庭に設置されている機器を自動で制御する取り組みは初めてとなります。

本システム開発は、両社が豊田市で検討している地域の電力需給を調整するバーチャルパワープラントの取り組みの一つであり、2018年1月からは、豊田市を含む周辺6市において、本システムが生活に与える影響や電力需要の調整実績等を検証する実証試験を開始します。

両社は、今後も、「暮らしを豊かにし、IoTで地域とつながることで、よりエネルギーをお得に利用できるサービス」をコンセプトに、蓄電池などのエネルギーリソースも活用した新たなエネルギーサービスプラットフォームの構築を進めてまいります。

【実証試験の概要】

実証期間

2018年1月1日~2020年3月31日

実証モニター

(1)豊田市、岡崎市、安城市、知立市、みよし市、刈谷市にお住まいで本システムを設置するご家庭40軒
(2)(1)の比較対象として手動により機器操作を依頼する上記の6市にお住まいのご家庭40軒

実証モニターへの謝礼

電力需要の調整実績に応じたカテエネポイントの付与

(注1)Home Energy Management Systemの頭文字をとった略語。家庭のエネルギーの見える化や家電を制御するためのシステム

(注2)「エコキュート」の名称は、電力会社・給湯機メーカーが自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機の愛称として使用

別紙

以上