プレスリリース 2018年

「新奥泉水力発電所」営業運転開始について

2018年3月20日

中部電力株式会社

当社は、新奥泉水力発電所について2017年2月から建設工事を進めてまいりましたが、本日、営業運転を開始しましたのでお知らせいたします。

新奥泉水力発電所は、当社が所有する奥泉ダムの右岸直下に河川維持流量(注1)を利用した発電所を新設するもので、これまでダムから放流していた河川維持流量を有効活用して発電します。

当社は、エネルギー自給率の向上と温室効果ガスの削減に貢献するため、再生可能エネルギーの開発を積極的に進めています。なかでも水力発電は、安定した発電電力量を期待できることから、当社は引き続き、一般水力や維持流量発電所の開発に努めてまいります。

また、既設水力発電所の設備改修による出力および発電電力量の向上についても計画的に進めてまいります。

 【新奥泉水力発電所の概要】

発電所名

新奥泉水力発電所

所在地

静岡県静岡市葵区井川

水系

大井川水系 大井川(一級河川)

ダム

奥泉ダム(中部電力所有)

最大出力

320kW(注2)

発電方式

ダム式(維持流量)

最大使用水量

2.07m3/s

有効落差

19.0m

想定年間発電量

約130万kWh
(一般家庭約420世帯分の年間使用電力量に相当)

着工日

2017年2月9日

営業運転開始日

2018年3月20日

(注1)河川維持流量とは、動植物の保護、漁業、景観、流水の清潔の保持等の機能を確保するための流量をいいます。

(注2)社内試験結果に基づき、発電出力を当初計画の290kWから320kWに変更しております。

別紙

以上