中部電力|「カテエネ コネクト」によるICT・IoTなどを活用したサービス展開について~第1弾サービス「ここリモ」販売開始~ - プレスリリース(2018年)
HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2018年>「カテエネ コネクト」によるICT・IoTなどを活用したサービス展開について~第1弾サービス「ここリモ」販売開始~

プレスリリース 2018年

「カテエネ コネクト」によるICT・IoTなどを活用したサービス展開について~第1弾サービス「ここリモ」販売開始~

2018年5月29日

中部電力株式会社

当社は、ICT・IoTなどの先進技術とお客さまの暮らしをつなぐサービスを統一的に展開していくためのブランドとして、本日、「カテエネ コネクト」を設定しました。

「カテエネ コネクト」では、「ちょうどいい未来が、わが家にも。」をコンセプトに、ICT・IoTなどを活用しながら、お客さまがもっと快適・便利・安心できる暮らしの実現に向けた新たなサービスを展開してまいります。

「カテエネ コネクト」の第1弾サービスとして、7月上旬より、新サービス「ここリモ」を開始します。

「ここリモ」は、お部屋に専用のリモコンを設置することで、現在ご使用中のエアコンや照明をスマートフォンアプリで操作することが可能となります。

夏場の寝苦しい夜に睡眠中の設定温度を自動的に調整したり、外出先からお部屋のエアコンや照明を操作するなど、お客さまに快適な暮らしを提供できるサービスです。

「ここリモ」は、株式会社エアウィーヴ(本社: 東京都中央区、代表取締役会長兼社長: 高岡 本州、以下「エアウィーヴ」)ならびに、株式会社Sassor(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 石橋 秀一、以下「Sassor」)と、モニター100名を対象とした実証試験を行い、開発したものです。

将来的には、エアウィーヴが持つ、リアルタイムの睡眠状況を把握する技術を用いた、エアコンの自動コントロール機能や、Sassorの開発した電力センサーによる詳細な電気代予測機能などを導入することで、心地よさと経済性を両立するサービスを提供してまいります。

当社は、今後も、お客さまのニーズを捉え、ICT・IoTを活用した様々なサービスを開発していくことで、「カテエネ コネクト」のラインアップを充実してまいります。

別紙

以上