HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2018年>浜松市における電力スマートメーター通信システムを活用した電力・水道・ガスの使用量データ収集に関する実証実験の開始について

プレスリリース 2018年

浜松市における電力スマートメーター通信システムを活用した電力・水道・ガスの使用量データ収集に関する実証実験の開始について

2018年12月12日

浜松市
中部電力株式会社
中部ガス株式会社・ガステックサービス株式会社
三菱商事株式会社

浜松市(市長:鈴木 康友)、中部電力株式会社(所在地:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲、以下「中部電力」)、サーラグループ中核会社の中部ガス株式会社およびガステックサービス株式会社(所在地:愛知県豊橋市、代表取締役社長:鳥居 裕、以下「中部ガス・ガステックサービス」)および三菱商事株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:垣内 威彦、以下「三菱商事」)は、本日から2019年2月まで、中部電力の電力スマートメーター通信システムを活用した電力・水道・ガスの使用量データの遠隔収集に関する実証実験(以下、本実証実験)を浜松市内にて実施します。

浜松市では、「浜松市エネルギービジョン」に定めるエネルギーに対する不安のない強靱で低炭素な社会「浜松版スマートシティ」の実現を目指し、官民連携により様々なプロジェクトを研究しています。
こうした中、ICTを活用したスマート化は、人口減少・超高齢化社会において、エネルギー分野はもとより、広く市民生活の中でのイノベーションにつながることが大いに期待されます。

本実証実験では、スマート事業の取り組みの根幹となる地域内の電力・水道・ガスの使用量データの収集に関して、低コストかつ効率的な通信ネットワークの構築の実現を目的に、浜松市内の戸建住宅に設置された電力・水道・都市ガス・LPガスの各メーターのデータ等を一元的に収集・管理するデータ収集システムの構築・検証を行います。

また、収集されたデータを用いて、より快適で便利な市民生活に寄与するデータ利活用・サービス提供の検討も進めてまいります。

浜松市および中部電力、中部ガス・ガステックサービス、三菱商事は、今後も連携しながら、それぞれが保有するインフラや知見を組みあわせ、社会課題の解決に取り組んでまいります。

別紙

以上