HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2019年>鈴川エネルギーセンター株式会社の石炭火力発電事業のバイオマス発電事業化について

プレスリリース 2019年

鈴川エネルギーセンター株式会社の石炭火力発電事業のバイオマス発電事業化について

2019年12月4日

中部電力株式会社

当社が三菱商事パワー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩﨑 芳博)および日本製紙株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:野沢 徹)と共同で設立した鈴川エネルギーセンター株式会社(本社:静岡県富士市、代表取締役社長:谷垣 俊行、以下「鈴川エネルギーセンター」)は、静岡県富士市で保有・運営を行っている石炭火力発電事業をバイオマス発電事業化することとなりました。

本発電事業は、現在の発電設備(定格出力112,000kW、2016年9月運転開始)の燃料を石炭から木質ペレットへ変更し、発電出力85,400kWとなるバイオマス発電所として運営するものであり、年間約67万トンのCO2排出量の削減を想定しています。

今後、2022年4月の運転開始を目指し、地域の皆さまおよび関係各所のご理解・ご協力をいただきながら、計画を進めてまいります。

当社は、環境問題への取り組みを経営の最重要課題として位置づけており、今後も、地球環境にやさしい再生可能エネルギーの積極的な開発に取り組んでまいります。

【鈴川エネルギーセンターのバイオマス発電事業化の計画概要】

出資会社

三菱商事パワー株式会社(70%)、日本製紙株式会社(20%)、中部電力株式会社(10%)

会社名

鈴川エネルギーセンター株式会社

事業場所/発電所所在地

静岡県富士市今井4丁目

発電出力

85,400kW(発電端)

想定年間発電量

約6億kWh(一般家庭 約192,000世帯分に相当)

燃料種別

木質ペレット・A重油(助燃)

CO2削減効果

約67万トン/年

運転開始予定

2022年4月

 

以上