HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2020年>医療・健康情報の一元管理サービスを提供するメディカルデータカード社と資本業務提携

プレスリリース 2020年

医療・健康情報の一元管理サービスを提供するメディカルデータカード社と資本業務提携

2020年1月31日

中部電力株式会社

当社とメディカルデータカード株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西村 邦裕、以下「メディカルデータカード社」)は、ヘルスケア・データプラットフォーム領域におけるサービス開発に向けた業務提携について合意するとともに、メディカルデータカード社が実施する第三者割当増資を当社が引き受け、メディカルデータカード社の株式を2019年10月に取得しました。

メディカルデータカード社は、患者の同意のもと、病院が血液検査や処方箋データなどをスマートフォンアプリを通じて送信することで、患者が自身の医療・健康情報をクラウド上で一元管理できるサービスを展開するベンチャー企業であり、多数の病院などと連携してサービスを展開しています。今回の業務提携により、今後、メディカルデータカード社が行う医療・健康情報サービスと、当社のデータプラットフォームが連携することとなります。

今回の出資は、先端技術や革新的なビジネスモデルを有するベンチャー企業およびベンチャー投資ファンドへの投資を迅速に行うための社内ファンドとして、2019年4月に設立したコーポレートベンチャーキャピタル「中部電力コミュニティサポートファンド」からの出資となります。

両社は、少子高齢化の進展や地方の衰退という社会課題へのソリューションとして、地域内で安心して医療サービスを受けられるような患者と医師が双方向にコミュニケーションを図ることができるプラットフォームの構築や、サービスの開発・展開に努めてまいります。


【ご参考】メディカルデータカード社 会社概要(2019年9月末現在)

設立

2014年10月

本社

東京都新宿区荒木町1番地22

代表者

代表取締役社長 西村 邦裕

資本金

78百万円

事業内容

健康・医療情報を一元的に管理するためのインターネット・モバイル・クラウドサービスの企画・開発・提供

 

別紙

以上