中部電力|研究事例の紹介 - 原子力安全技術研究所での取り組み

原子力安全技術研究所での取り組み 研究事例の紹介

1.原子炉格納容器内の放射線分布評価ツール

原子炉格納容器内は、最も放射線が高い作業場所です。放射線被ばくの低減には、作業の計画段階で放射線環境を把握しておくことが重要ですが、放射線源は時間的に変化するため、容易に把握することはできません。そこで「作業場所の放射線環境を予測し、分かりやすく表示する」ソフトウェアを開発しています。

2.レーザーを用いた放射能除去技術

原子力発電所の廃止措置で発生する放射性廃棄物の多くは、放射性物質が表面あるいはごく表層部に付着・浸透しているもので、放射性物質を表面から除去(放射能除染)することにより、廃棄物の取扱いを大幅に簡略化することができます。そこで、レーザーを用いた新たな除染技術の開発に取り組んでいます。

3.浜岡1号機の廃材を活用した調査・研究

廃止措置中の浜岡原子力発電所1号機の原子炉圧力容器や原子炉建屋から金属やコンクリートの試料を採取し、熱や放射線照射環境下にあった構造材料を対象とした劣化管理手法の高度化のための研究を始めました。

4.津波監視システムの開発

大規模な津波の発生を想定し、防災・減災の観点から、多様な観測技術を組み合わせて津波を早期に検知し、浜岡原子力発電所での到達時刻や高さ、収束時間を予測する「津波監視システム」の開発に取り組んでいます。