ホーム 施設のご紹介 周辺観光案内 利用案内・アクセス

ホーム > 施設のご紹介 > 井川水力発電所

施設のご紹介

井川水力発電所

大井川は、静岡県・長野県・山梨県にまたがる標高3,000m級の南アルプスに源を発し、駿河湾まで流れる全長約168kmの大河です。
井川水力発電所は、上流から数えて7番目に位置し、発電を始めて約60年経ちます。
井川水力発電所では、約93mの高さから水を流す「ダム式」という方法で、最大62,000kWの電気を起こしています。

位置

静岡県静岡市葵区井川2290-2

お問い合わせ

TEL:0547-59-3120
(大井川電力センター 業務グループ)

最大認可出力合計

62,000kW

営業運転開始

昭和32年9月

井川水力発電所の写真
水力発電のしくみ

水力発電とは、川の水を利用して電気を起こすことです。地球温暖化の原因といわれる二酸化炭素を出さないクリーンなエネルギーです。

電気が起きるしくみ

ダムでせき止めた川の水を高い所から流し、その水の勢いにより水車を回します。この水車の回転により電気が生まれます。水の量、水を落とす高さにより起きる電気の量が違います。

水力発電のしくみ(断面図)

水力発電は水の落差のつくりかたによって、大きく次の2つにわけられます。

高い所から低い所へ水を流す方法を紹介します。ダム式、水路式の2つを紹介しますが、他にもいろいろな方法があります。

ダム式のイラスト

 ダム式

川をせきとめて水を溜め、そこから水を低い所へ流します。

水路式のイラスト

 水路式

川をせきとめて水を高さのある場所まで流し、その場所から水を低い所へ流します。

 このページの先頭へ