中部電力|個人(低圧)のお客さま - 燃料費調整制度

燃料費調整制度 個人(低圧)のお客さま

燃料費調整制度とは

電気をつくるために必要な燃料(原油・LNG(液化天然ガス)・石炭)の価格は、市場や為替などの外部要因により変動します。
燃料費調整制度は、これらの価格変動に応じて電気料金を調整するしくみです。

電気料金の計算方法(従量電灯Bの場合)

【計算式】「電気料金」は、「基本料金」プラス「電力量料金」プラス「再生可能エネルギー発電促進賦課金」。電力量料金の計算方法は、「電力量料金単価」かける「ご使用量」、プラスマイナス「燃料費調整額」。燃料費調整額の計算方法は、「燃料費調整単価」かける「ご使用量」。再生可能エネルギー発電促進賦課金の計算方法は、「再生可能エネルギー発電促進賦課金単価」かける「ご使用量」。

電気料金への反映イメージ

電気料金への反映イメージの画像
平均燃料価格の算定期間 燃料費調整が反映される電気料金
1月から3月 6月分の電気料金
2月から4月 7月分の電気料金
3月から5月 8月分の電気料金
4月から6月 9月分の電気料金
5月から7月 10月分の電気料金
6月から8月 11月分の電気料金
7月から9月 12月分の電気料金
8月から10月 翌年の1月分の電気料金
9月から11月 翌年の2月分の電気料金
10月から12月 翌年の3月分の電気料金
11月から翌年の1月 翌年の4月分の電気料金
12月から翌年の2月 翌年の5月分の電気料金

燃料費調整の方法

燃料費調整単価の算定方法

3ヶ月間の[a]平均燃料価格と[b]基準単価から、以下のとおり算定いたします。

プラス調整

平均燃料価格が45,900円(調整の基準となる燃料価格)を上回る場合

【計算式】「燃料費調整単価」は、「(a)平均燃料価格」マイナス「45,900円」、かける「ぶんすう(b)基準単価ぶんぼ1,000ぶんすうおわり」

マイナス調整

平均燃料価格が45,900円(調整の基準となる燃料価格)を下回る場合

【計算式】「燃料費調整単価」は、「45,900円」マイナス「(a)平均燃料価格」、かける「ぶんすう(b)基準単価ぶんぼ1,000ぶんすうおわり」

調整方法のイメージ

燃料費調整単価の算定方法、調整方法のイメージ画像

[a]平均燃料価格

原油・LNG・石炭それぞれの3ヶ月の貿易統計価格(実績)をもとに計算いたします。
ただし、計算の結果が68,900円を上回る場合は、平均燃料価格は68,900円となります。

[b]基準単価

平均燃料価格が1,000円/kl変動した場合の燃料費調整単価です。

従量制供給の場合 22銭9厘/kWh