企業情報

DX(デジタル・トランスフォーメーション)の取り組み

中部電力グループのDX推進の方向性について

当社グループは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生活様式の変化、カーボンニュートラルやデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み加速などの社会構造の大きな変容に適応しながら、皆さまとともに持続的に発展するための取り組みをより明確化する観点から、「中部電力グループ 経営ビジョン2.0」を公表いたしました。

「中部電力グループ 経営ビジョン2.0」では、エネルギープラットフォームの進化とデータプラットフォームの構築を着実に進め、更には、これらを掛け合わせることで「快適性」「安全」といった新たな価値をパッケージとしてお客さまにお届けするビジネスモデルへと変革することを掲げておりますが、これこそが、当社グループの一つ目のDXである「お客さまサービスの変革」となります。

具体的には、当社グループは、安価・安定的な電力のお届けという変わらぬ使命を高いレベルで果たすため、電力ネットワークへの先進的なデジタル技術の活用により、エネルギープラットフォームを進化し続けております。

加えて、エネルギーサービスや様々なデータサービスから得られるデータの蓄積・分析を可能とするデータプラットフォームを構築し、データを活用しながら、従前より取り組んできた「お客さまサービスの変革」を加速し、新たな付加価値やお客さま体験の提供を実現いたします。

一方で、二つ目のDXとなる「業務の変革」も推進いたします。デジタル技術により業務を変革し、一人ひとりが達成感を感じながら自律的な働き方を可能とするライフ・ワーク・バランス(注)の充実を実現します。

定型業務において、電子決裁導入、脱押印、IoTを活用した監視制御等の新たな働き方を実践していくのはもちろんのこと、非定型業務についても、デジタル技術の活用による効率化を目指してまいります。

これらのDXを迅速かつ的確に実現するため、より一層、人財の育成・確保に注力いたします。

こうして、一人ひとりがデジタル技術を駆使して、いきいきと、自律性を発揮しながら当社グループの変革を実現してまいります。さらに、中部電力グループDXフォーラムや社会課題解決の「場」を通じて、多様なパートナーと共創しながら、共にDXを加速していくことで「安心・安全で強靭な暮らしやすい社会」の実現に貢献してまいります。

取締役 専務執行役員・CIO 伊藤 久徳

(注)中部電力グループは、「一人ひとりがいきいきと働くためには、職場環境の整備だけでなく、ライフ(生活基盤)の充実が必要」との考えのもと、「ライフ・ワーク・バランス」を推進しています。

中部電力グループのDX

  • 当社グループは、「強靭で安心・安全な社会の実現に資するコミュニティサポートインフラを提供する企業」「お客さまと向き合い、より便利で快適なサービスを実現する企業」を目指します。
  • この実現に向けて、人財一人ひとりが成長・活躍しながら、当社グループのDXとなる 「お客さまサービスの変革」「業務の変革」を推進いたします。
人財一人ひとりが成長・活躍

ページトップへ