環境トピックス

女性モニター「緑のカーテンの上手な作り方教室」を開催しました

2017年04月29日

4月29日(土曜日)、岡崎支店は女性モニターとその友人・ご家族19人を対象に、「緑のカーテンの上手な作り方教室」を開催しました。つる性植物を利用した緑のカーテンは、熱線といわれる赤外線を反射し、葉の気孔からは水分を蒸発しているため、日差しをやわらげてくれるだけではなく室温の上昇も抑える効果があります。

講師には、中部電力の特例子会社である中電ウイング株式会社で毎年たくさんの緑のカーテンを手がけている専門スタッフを招き、簡単そうで失敗しがちな緑のカーテンを緑の葉が隙間なく生茂るようにするコツを伝授してもらいました。

参加者からは、「今年は緑のカーテンを作って省エネ対策を成功させたいと思いました。」「枝分かれするようにつるの先端を摘み取るなど、初めが肝心ということがわかりました。」という声が聞かれ、夏の省エネにさらに関心が高まった様子でした。

これからも引き続き、当社事業や関連する環境問題、エネルギー事情について関心を持っていただくための活動に取り組んでいきます。

女性モニター「緑のカーテンの上手な作り方教室」の様子
女性モニター「緑のカーテンの上手な作り方教室」の様子

ページトップへ