中部電力グループ CSR宣言

中部電力におけるCSR(企業の社会的責任)の考え方について、全てのステークホルダーの皆さまに対して、わかりやすく明確なメッセージの形でお伝えするため、
2006年に中部電力の「CSR宣言」を制定しました。
2008年3月には、中部電力グループがグループ全体としてCSRに取り組んでいくため、この「CSR宣言」を「中部電力グループCSR宣言」に改定しました。
今後ともこの宣言をグループで共有しつつ、業務の遂行を通じて、この宣言に掲げた取り組みを着実に進めてまいります。

中部電力グループ CSR宣言

中部電力グループ CSR宣言

社会からの期待にお応えし責任を果たすために

私ども中部電力グループは、エネルギーに関するあらゆるニーズにお応えし、成長し続ける企業グループとして、
それぞれの個性を活かしながらエネルギーを基軸とした事業に総合力を発揮し、安全を最優先に、
安定供給を果たすとともに地球環境の保全に努め、持続可能な社会の発展に貢献します。
事業運営にあたっては、国内外の法令・ルールを守り、企業倫理を重んじて公正・誠実に行動します。 事業活動に関わる全ての方々との相互コミュニケーションを重視し、透明性の高い開かれた企業活動を推進します。

お客さま

安心・便利・安価な
エネルギーサービスをはじめ、
お客さまのニーズに応える
価値あるサービスを
お届けします

株主・投資家

効率経営と効果的
投資により、
収益の維持・拡大を
図ります

地域社会

地域社会と協調し、
地域の持続的発展に
貢献します

取引先

事業のパートナー
として対等な立場で
公正な取引きを
おこないます

従業員

個人を尊重し、
明るく働きがいのある
職場づくりに
努めます

ページトップへ