環境への取り組み

ゼロエミチャレンジ2050

脱炭素社会に向けた中部電力グループの新たな挑戦についてご紹介します。

私たちは、社会・お客さまとともに、エネルギーインフラの革新を通じて「脱炭素」と「安全・安定・効率性」の同時達成を目指します

中部電力グループ「暮らしと産業を支えるエネルギーインフラ提供 ソリューション技術による省エネ・電化促進」中部エリア「モノづくりを起点としたイノベーション バランスの取れた産業構造を活かした循環型社会実現」中部電力グループのソリューションと、イノベーションによる革新的技術を最大限活用 中部電力グループ「暮らしと産業を支えるエネルギーインフラ提供 ソリューション技術による省エネ・電化促進」中部エリア「モノづくりを起点としたイノベーション バランスの取れた産業構造を活かした循環型社会実現」中部電力グループのソリューションと、イノベーションによる革新的技術を最大限活用
2030年	お客さまへ販売する電気由来のCO2排出量を、2013年度比で50%以上削減します 当社(注1)が保有する社有車を100%電動化(注2)(注3)します 2050年	事業全体のCO2排出量ネット・ゼロに挑戦し、脱炭素社会の実現に貢献します 2030年	お客さまへ販売する電気由来のCO2排出量を、2013年度比で50%以上削減します 当社(注1)が保有する社有車を100%電動化(注2)(注3)します 2050年	事業全体のCO2排出量ネット・ゼロに挑戦し、脱炭素社会の実現に貢献します

(注1)中部電力、中部電力パワーグリッド、中部電力ミライズ

(注2)電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)など

(注3)電動化に適さない緊急・工事用の特殊車両などを除く

  • 中部電力グループは、非化石エネルギーを最大限活用するとともに、水素技術、カーボンリサイクルなどの実用化に取り組み、お届けする電気の脱炭素化を進めてまいります
  • エネルギー利用の電化・脱炭素化を、社会・お客さまと一体となって促進してまいります
社会・お客さまとすすめる電化・脱炭素化 お届けする電気の脱炭素化

ページトップへ