社会への取り組み

ステークホルダーとのコミュニケーション

中部電力グループでは、私たちの事業活動について、ステークホルダーの皆さまからご理解・ご意見をいただくため、地道な対話活動を行っています。
また、ステークホルダーコミュニケーションやCSR活動を全社的に推進するため、「中部電力グループ CSR宣言」を制定し、経営戦略本部に専任部署「CSR・経営統括グループ」を設置しています。加えて、経営戦略本部長を議長とし、本店部門長および中部電力パワーグリッド・中部電力ミライズのCSR担当部門長をメンバーとする「CSR推進連絡会議」を設置しています。経営計画と一体となったESGの取り組みを進めつつ、ステークホルダーの皆さまへのESG情報の開示充実に向けて、部門横断的な取り組みを進めています。

お客さま

個人・法人のお客さま

  • 営業所窓口、カスタマーセンター、営業担当者などを通じたお客さまとの対話活動

株主・投資家

  • 個人投資家に対する会社説明会
  • 機関投資家・個人株主に対する個別面談
  • 個人株主の皆さまに対する施設見学会

地域社会

  • 女性モニターに対する施設見学会・意見交換
  • 三重大学と環境報告書および当社アニュアルレポートについての意見交換

取引先

  • 調達概要説明会の開催
  • コンプライアンスなどに関するアンケートの実施
  • 相談窓口(カンパニー別)の設置

従業員

  • 役員キャラバン 役員が全事業所を訪問し、現場従業員と直接対話(2011年より毎年開催)
  • 支店幹部と若手社員の懇談会
  • 活発な職場懇親行事の推進
ステークホルダーとのコミュニケーションのイメージ
ステークホルダーとのコミュニケーションのイメージ

ページトップへ