技術開発

知的財産について

知的財産に関する方針

技術研究開発を行うことで得られる成果は重要な知的財産です。電力業界を取り巻く環境が大きく変化し複雑化する状況において、総合エネルギー企業グループとして、持続的な成長を図っていくためには、優れた知的財産の戦略的な創造・保護・活用を図る必要があります。そこで、知的財産に関する方針を定め、知的財産活動に取り組んでいます。

知的財産に関する方針

企業価値の向上に資する知的財産の創造

事業基盤の強化と事業領域の拡大のため、報奨制度を設けて知的財産の創造を奨励しています。 また、社内説明会、eラーニング等をとおして発明創作意識の向上を図っています。

知的財産の適切な保護と効果的な活用

創造した知的財産は、特許権等の権利化またはノウハウとしての管理等、適切な保護に取り組んでいます。また、保有する知的財産は、社外に開放して活用することにも取り組んでいます。

第三者の知的財産権の尊重

第三者の知的財産権を調査することにより、侵害防止に努めています。また、当社事業に有益な第三者の知的財産については許諾契約等により活用を図ります。

開放特許の取り組み

中部電力においては、保有する特許の更なる有効活用や地域貢献を目的として、中小企業へ特許を開放する取り組みを行っています。

地方自治体・中小企業支援機関や金融機関等と協調したイベントでも紹介しています。

ページトップへ