社会への取り組み

人財の育成

事業環境が大きく変化するなか、中部電力グループの使命、経営課題、姿勢・価値観を理解し、行動できる人財を育成するため、階層別研修を始めとした育成カリキュラムを体系立てて実施しています。

また、至近では、オンライン研修を導入するなど、多様な働き方に即した研修も実施しています。 

個の成長支援

日々の業務における上長からの指導に加え、実務に直結する専門的な知識・技能の習得に必要な研修、社外の通信教育や資格取得に関する支援制度により、人財の成長に向けた自律的な学びをサポートとしています。

管理職へのマネジメント支援

コーチングを始めとしたスキル習得に加え、DEMAE人事(事業場訪問型研修)において、安全や服務管理(フレックス勤務制度やテレワークの活用)、ダイバーシティ等に関する意見交換を実施し、「組織と人の持続的成長につながる人財マネジメント」に資する教育を実施しています。

また、管理職のマネジメントを見直す機会として多面観察を取り入れています。

人財育成体系の概要

人財育成体系の概要の図

オンラインによる新入社員研修の様子(2020年4月)

クラスコーチ(右の写真)の指示に基づき実習する新入社員
クラスコーチ(右の写真)の指示に基づき実習する新入社員
オンラインによる新入社員研修の様子(2020年4月)

集合によるチームワーク向上研修の様子(2019年11月)

チームワークを発揮して完成を目指す
チームワークを発揮して完成を目指す

ページトップへ