環境トピックス

「環境フェアせき2021」に出展しました

2021年12月12日

12月12日(日曜日)、中部電力パワーグリッド岐阜支社関営業所は、関市わかくさ・プラザにおいて開催された関市主催の「環境フェアせき2021」に出展しました。

環境フェアには、環境活動をさらに広げていくことを目的として、環境保全活動をおこなっている28の団体が参加しました。
当社ブースでは、自転車をこいで蓄電した電気で電球を点ける「自転車発電」や間伐材を利用した「バードコール(鳥笛)」づくり体験に加え、脱炭素社会の実現に向けたEVバスの紹介を実施しました。

自転車発電では、息が切れるほど一生懸命こいでも電球が数秒しか点灯しないことを体験していただき「電気を大切に使いたい」「スイッチの切り忘れに注意したい」といった感想をいただくことができました。

バードコールづくりにおいては、終了時間の1時間前には準備した100個を全て工作していただきました。

また、当社のEVバスを始めとした、脱炭素に向けた取り組みについても紹介させていただくことができ、多くの皆さまに興味を持っていただくことができました。

私たちは今後も地域の皆さまとのふれあいを大切に、環境保全につながる活動に継続的に取り組んでいきます。

自転車発電機の体験
自転車発電機の体験
「環境フェアせき2021」の様子
バードコール作り体験
バードコール作り体験
脱炭素やEVバスの紹介
脱炭素やEVバスの紹介

ページトップへ