HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2016年>Tポイント・ジャパンと中部電力の業務提携について

プレスリリース 2016年

Tポイント・ジャパンと中部電力の業務提携について

2016年6月1日

中部電力株式会社

株式会社Tポイント・ジャパン(代表取締役社長兼COO:北村 和彦 以下「TPJ」)と中部電力株式会社(代表取締役社長:勝野 哲 以下「中部電力」)は、本日、共通ポイントサービス「Tポイント」(以下「Tポイント」)と中部電力のご家庭向けWEBサービス「カテエネ」(以下「カテエネ」)との連携に関する業務提携に合意しましたので、お知らせします。

今回の業務提携により、Tポイントをご利用のカテエネ会員は、保有するTポイントをカテエネポイントに交換後、自動で中部電力の電気料金(注)のお支払いにご利用いただけるようになります。Tポイントを電気料金へのお支払いに使えるサービスは、全国の電力会社で初めての取り組みとなります。

また、カテエネ会員は、保有するカテエネポイントをTポイントに交換できるようになります。従来のポイント交換用途である中部エリア内各地域での公共交通機関やショッピングモール、コンビニエンスストアなどでご利用いただけることに加え、Tポイントに交換後は、全国の多種多様なTポイント提携店舗でもご利用いただけるようになり、生活に密着した様々な場面でポイントをご活用いただけるようになります。ポイントの相互連携サービスは、中部電力として初の取り組みとなります。

今回の業務提携により、中部エリアをはじめ、首都圏で中部電力と電気のご契約を締結しているお客さまはTポイントとカテエネポイントの相互連携が可能となり、中部エリアおよび首都圏で3,400万人を超えるT会員の皆さまのポイントご利用用途が拡大することになります。

今後は、中部電力とTPJ双方の顧客基盤と強みを活かし、T ポイントのデータを電気事業などの様々なデータ分析に活用することで、お客さまのニーズをしっかりと捉え、サービスの向上と多様化に努め、お客さまのご期待にお応えしていきます。

(注)電気料金支払いへのご利用にあたっては、2016年4月以降の新料金メニューであるポイントプラン、おとくプラン、とくとくプラン、スマートライフプラン、暮らしサポートセット、カテエネプラン(東京電力エリア内のお客さまが対象)など、および選択約款メニューであるEライフプラン、タイムプラン、ピークシフト電灯、低圧高利用契約へご加入いただいている人が対象となります。

【ポイントサービスの概要】

交換レート

交換単位

交換上限

開始予定時期

「カテエネポイント」1ポイント
⇒「Tポイント」1ポイント

100ポイント以上、
100ポイント単位

なし

2016年9月

「Tポイント」1ポイント
⇒「カテエネ(電気料金充当)」 1ポイント(注)

100ポイント以上、
100ポイント単位

なし

2016年9月

(注)Tポイントからカテエネポイントに交換したポイントは電気料金のお支払いにのみ利用可能です。

以上