HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>武豊火力発電所5号機における木質バイオマス燃料の混焼計画について

プレスリリース 2017年

武豊火力発電所5号機における木質バイオマス燃料の混焼計画について

2017年2月28日

中部電力株式会社

当社は、地球温暖化対策をはじめとした環境保全への取り組みを重要な経営課題のひとつと位置づけています。地球環境に優しい再生可能エネルギーの開発の一環として、現在石炭専焼火力としてリプレース計画を進めている武豊火力発電所5号機において、木質バイオマス燃料の混焼による発電を実施することといたしましたのでお知らせいたします。

2022年3月に営業運転開始を予定している武豊火力発電所5号機において、バイオマス燃料である木質ペレットを混焼することで、石炭を専焼する場合と比較してCO2排出量を年間約90万トン削減することが可能となる見込みです。

今後、地域の皆さまおよび関係各所のご理解・ご協力をいただきながら、計画を進めてまいります。

1 対象発電設備

武豊火力発電所5号機
所在地:愛知県知多郡武豊町字竜宮1番1
出力   :107万kW

2 木質バイオマス燃料

(1) 木質バイオマスの種類:木質ペレット
(2) 混焼率:約17%(発熱量比)
(3) 年間使用量:約50万トン

3 バイオマス発電電力量

約12億kWh/年

4 CO2排出削減量

約90万トン/年削減(石炭専焼時と比較)

以上