HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2019年>英国における洋上風力発電所向けの海底送電事業の優先交渉権獲得について

プレスリリース 2019年

英国における洋上風力発電所向けの海底送電事業の優先交渉権獲得について

2019年3月18日

三菱商事株式会社
中部電力株式会社

三菱商事株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:垣内威彦、以下「三菱商事」)と、中部電力株式会社(所在地:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲、以下「中部電力」)は、英国のインフラファンド(HICL Infrastructure Company Limited)と共同で、英国西部沖合約30kmに位置するウォルニー・エクステンション洋上風力発電所(発電容量66万kW)向けの海底送電資産(以下「本資産」)運営事業に係る優先交渉権を取得いたしましたので、お知らせいたします。

本資産は、海底・陸上送電線および付随する洋上・陸上変電設備(資産規模 約750億円)で構成され、今後、英国当局および洋上風力発電所の開発事業者などとの調整・交渉を経て、2019年度中に運営事業権を取得した後、20年間にわたり送電を担う予定です。

三菱商事は、英国100%子会社のDiamond Transmission Corporation Limited(ダイヤモンド・トランスミッション・コーポレーション社、以下「DTC」)を通じて、本事業権を取得、この結果、DTCは英国における海底送電資産運営事業(20件)のうち8件に参画することになり、同事業のシェアトップを誇ります。また、DTCが既に保有・運営、本資産に隣接するウォルニー1及びウォルニー2の海底送電資産運営に係る知見を活かして効率的な事業運営に取り組みます。本事業を通じて、温室効果ガス排出抑制に貢献すると共に、引き続き、経済価値・社会価値・環境価値の三価値同時実現に資する取り組みを強化して参ります。

中部電力は、英国での送電事業への参画は初めてとなります。これまでに培ってきた信頼性の高い送変電保守に関する技術や知見を活用し、事業運営に貢献して参ります。今後、将来的な国内洋上風力発電導入時に備え、海底送電事業の保守・運営上のノウハウを蓄積し、本事業の知見をフィードバックしていきたいと考えております。

別紙

以上

別紙1

英国における洋上風力発電所向けの海底送電事業の概要

1 送電資産稼働位置

1 送電資産稼働位置の画像

2 プロジェクトスキーム図

2 プロジェクトスキーム図の画像以上