環境トピックス

「ながら川ふれあいの森」でクヌギの苗木を植樹
中部電力グループ ECOポイント活動10周年記念

2017年03月11日

3月11日、穏やかな早春の土曜日!岐阜市の「ながら川ふれあいの森」で植樹をおこないました。

この植樹は、中部電力グループ会社の社員とその家族が取り組む「中部電力グループ ECOポイント活動」を2006年7月に開始し、10年が経過したことを記念したもので、クヌギの苗木を20本程植えました。クヌギは日本の里山の代表的な構成樹で、秋には直径2cm程の真ん丸のドングリができます。また、カブトムシなどがその樹液を求めてよく集まる木です。

当日は、来賓としてお招きした岐阜市の安田農林部長様をはじめ、農林部農林園芸課の皆さん3名、中部電力グループ会社の社員とその家族23名、ちゅうでんフォレスター6名の総勢33名が参加しました。

家族そろっての植樹として、小学校の卒業記念として、よく遊びにくる場所への植樹などなど、参加者思い思いの気持ちを込めて苗木を植えていました。
苗木の隣にそびえるような大樹になるには何十年とかかりますが、数年先の大きなドングリ拾いが楽しみです。

代表植樹をする岐阜市安田農林部長と中部電力 橋本環境・立地部長(向かって右)
代表植樹をする岐阜市安田農林部長と中部電力 橋本環境・立地部長(向かって右)
植樹の様子1
植樹の様子1
植樹の様子2
植樹の様子2
植樹後の様子
植樹後の様子
記念写真
記念写真

中部電力グループECOポイント活動については関連ページをご覧ください。

ページトップへ