環境トピックス

浜松市中田島砂丘でアカウミガメの保護活動を実施しました「中部電力グループ ECOポイント活動」

2017年08月20日

8月20日、中田島砂丘(静岡県浜松市)において、アカウミガメの保護活動をおこないました。
これは、愛知県・岐阜県・静岡県に住む中部電力グループ会社の社員とその家族が取り組む「中部電力グループ ECOポイント活動」の1つで、アカウミガメの保護に取り組む「NPO法人サンクチュアリN.P.O」と協働でおこなっているものです。

今回は、40名が参加し、生まれたての子ガメを「また大きくなって戻ってきてね!」と願いを込めて放流。また、海岸浸食による砂浜の減少を防ぐため、土嚢を設置するといった海岸整備活動もおこないました。

これからも「中部電力グループ ECOポイント活動」では、さまざまな団体と協働し環境保全活動に取り組んでまいります。

生まれたばかりの子ガメとのふれあいの様子
生まれたばかりの子ガメとのふれあい
子ガメを海へ向けて放流する様子
子ガメを海へ向けて放流
砂丘を守る土嚢を設置する様子
砂丘を守る土嚢を設置

中部電力グループECOポイント活動については関連ページをご覧ください。

ページトップへ