環境トピックス

「環境デーなごや2018」でヒノキのうちわづくり

2018年09月15日

9月15日(土曜日)、環境・地域共生室に事務局を置くNPO法人「水とみどりを愛する会」は、名古屋市久屋大通公園で開催された持続可能な社会を目指すイベント「環境デーなごや2018」にブースを出展し、同会の取り組みをPRしました。

出展内容は、来場するお子さま向けにヒノキの間伐材を活用したうちわを用意し、自由に色を塗ったり、動植物などのスタンプを押して、オリジナルのうちわを作成していただくとともに、同NPO法人が森林を守るために取り組んでいるスギ、ヒノキなどの人工林の間伐活動や自然散策の案内をおこなうボランティア活動をパネル展示で紹介しました。

あいにくの雨天の中でしたが、多くの来場者があり171人の皆さんにうちわ作りを楽しんでいただきました。来場者の皆さまからは、ヒノキのとても良い香りがして癒される、などの感想が寄せられました。

うちわづくりをする様子
うちわづくりをする様子
出展ブースの様子
出展ブースの様子

NPO法人「水とみどりを愛する会」については関連ページをご覧ください。

ページトップへ