コンプライアンスの推進

中部電力グループ 贈収賄・腐敗防止方針

中部電力グループコンプライアンス基本方針に基づき、贈収賄・腐敗防止に関する方針を以下のとおり定める。

全てのステークホルダーの皆さま(お客さま、取引先、地域の皆さま等)と公正・透明な関係を構築し、贈収賄、横領、背任、不当・良識の範囲を超えた接待・贈答等の提供・受領、特定の者との癒着、特定の者の不当な優遇等をはじめ、あらゆる形態の腐敗行為を行いません。また、社内外から見て腐敗行為と誤解されかねない行為も行いません。

1 調達先との公正かつ誠実な取引のために

  • 調達先の皆さまを相互発展を目指す大切なパートナーと考え、独占禁止法(優越的地位の濫用等)および下請法等の関係法令を遵守し、対等な立場で公正な取引を行います
  • 国内外の全ての取引において、不当な利益や優遇措置の取得・維持を目的とする、または良識の範囲を超えた接待・贈答等の受領を行いません

2 お客さまへの不正を防止するために

国内外の全ての販売活動(工事受注・受託等を含む。)において、不当な利益や優遇措置の取得・維持を目的とする、または良識の範囲を超えた接待・贈答等の提供を行いません

3 競合他社との公正な競争のために

競合他社との競争において、独占禁止法等の関係法令を遵守し、カルテルや談合をはじめとする違反行為を一切行いません

4 地域の皆さまとの誠実な関係構築のために

良識の範囲を超えた接待・贈答等を受領・提供することなく、地域の皆さまとの円滑なコミュニケーションを通して、誠実な関係を築きます

5 政治・行政等との健全な関係保持のために

政治・行政等との関係において、関係法令(刑法、国家公務員倫理法、政治資金規正法、公職選挙法、各地方自治体条例・訓令・規則等)や国や地方公共団体が定める規程類(国家公務員倫理規程等)を遵守し行動します。また、公務員等に対する贈賄行為を一切行いません

6 外国公務員等に対する不当・良識の範囲を超えた接待・贈答等を防止するために

外国公務員等との関係において、不正競争防止法、諸外国の関係法令および社内規程を遵守し、良識の範囲を超えた接待・贈答等の提供を行いません

7 エージェント・コンサルタント等による不正を防止するために

  • エージェント・コンサルタント等を選定する際には、十分な調査のうえ、信頼できる人物・機関を採用します。また、これらの者が公務員等へ行う贈賄行為を許しません
  • エージェント・コンサルタント等との関係において、良識の範囲を超えた接待・贈答等の受領・提供を行いません

上記方針を踏まえ、不適切な金品の受領がないことをコンプライアンス推進会議で定期的に確認している。

ページトップへ