プレスリリース 2019年

「健康経営銘柄2019」に選定

2019年2月21日

中部電力株式会社

当社は、本日、健康経営(注)の普及促進に向けて、経済産業省と東京証券取引所が共同で実施する「健康経営銘柄2019」に選定されましたのでお知らせいたします。

(注)健康経営は、健康経営研究会の商標です。

健康経営銘柄は、東京証券取引所に上場している企業の中から健康経営に優れた企業を選定し、長期的な視点から企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介することを通じ、企業による健康経営の取り組みを促進する制度です。経済産業省が実施する健康経営に関する調査結果および財務指標が優れている企業から、原則として各業種1社が選定されます。

当社は、昨年度、メンタルヘルス対策や産業保健スタッフによるきめ細かな保健指導・健康相談が評価され、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定されました。今回、この取り組みに加え、新たな取り組みである重大疾病の早期予防・発見および健康意識の醸成を目的とした全従業員の人間ドック受診などが高く評価され、電力会社として初めて「健康経営銘柄2019」に選定されたものと考えております。

当社は、「従業員がいきいきと働くためには、ライフ(心身の健康・充実した生活)が基盤となる」との考えに基づき、「ライフ・ワーク・バランス」を推進しております。今後も、「ライフ・ワーク・バランス」の実現に向け、健康経営の取り組みを推進し、仕事を通じて自己実現できる環境整備を継続して行うことで、企業競争力を一層高めてまいります。

以上