HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>お知らせ>お知らせ・トピックス>2019年>「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく2018年度のCO2排出実績の再報告について

お知らせ・トピックス 2019年

「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく2018年度のCO2排出実績の再報告について

2019年11月22日

中部電力株式会社

当社は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」(温対法)に基づき、2018年度のCO2排出実績を取りまとめ、国に報告しておりましたが、この度、以下のとおり修正の上、再報告しましたので、お知らせします。

【2018年度CO2排出原単位(注1)および排出量】



排出実績(注2)

基礎排出実績(調整前)

CO2排出原単位(kg-CO2/kWh)

変更なし

(0.452)

0.457

(0.458)

CO2排出量(万t-CO2

5,339
(5,343)

5,407
(5,411)

()内は既報告値(参考)。

(注1)販売電力量1kWhあたりのCO2排出量(kg)

(注2)温対法で定められた方法により、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)に係る調整等を反映したもの。

今回報告した数値については、「温室効果ガス排出量の算定・報告・公表制度」に基づき、電気事業者別のCO2排出原単位として、国による確認を経て、別途公表される予定です。

以上