中部電力|保修研修 - 研修センターでの取り組み

研修センターでの取り組み 保修研修

保修研修は、発電所の保修業務(機械・電気・計測)に必要な実務知識、技能を体系的に習得させることを目的としています。訓練用設備として発電所の主要な設備を模擬した設備を設置して教育訓練をおこなっています。

訓練設備

機械関係

非破壊検査の実技訓練風景
原子炉下部での制御棒駆動機構の保修訓練風景

電気関係

しゃ断器の点検の実技訓練風景

計測関係

配管模型を用いた実技訓練風景

研修に必要な教材についても、社員が自作し、より分かりやすい教育・訓練がおこなえるように工夫をしています。

中性子計測装置の点検の実技訓練風景