太陽光発電

太陽光発電のしくみ

太陽光発電は、光を受けると電気エネルギーを発生する「パネル」の一種「太陽電池」を利用した発電方式です。

【図解】太陽光発電

太陽の光を受けた太陽電池は、直流の電気を発生させます、それをインバータで交流の電気に変えて、家庭などで使うことができます。

【図解】太陽光発電のしくみ

図のように、P型とN型を合わせてひとつにしたシリコン半導体に太陽光線があたると、マイナスの電気とプラスの電気が発生します。マイナスの電気はN型シリコンへ、プラスの電気はP型シリコンに移動し、電気が発生します。

太陽光発電の特徴

太陽光発電は、資源(太陽光)が枯渇する心配がなく、発電時にCO2を出さないなどのメリットがあります。その一方で、まとまった電力を発生させるには、広大な面積と多額の費用を必要とします。また、天候に左右され、夜間は発電できないなどの課題があります。

長所 短所(課題)
  • 枯渇する心配がない。
  • 発電時にCO2などを出さない。
  • 需要地に近いため送電ロスがない。
  • 需要の多い昼間に発電する。
  • 大量の電気をつくるには広大な面積が必要となる。
  • 雨や曇りの日は発電量が少ない。
  • 夜間は発電できない。
  • 設備をつくるための費用が高い。

ページトップへ