中部電力グループの再生可能エネルギー 記事

発電出力約54,500kW 「米子バイオマス発電所運転開始」

発電出力約54,500kW 「米子バイオマス発電所運転開始」

三菱HCキャピタル株式会社、中部電力株式会社、東急不動産株式会社、シンエネルギー開発株式会社、および三光株式会社、の5社が出資する「米子バイオマス発電合同会社」は、米子バイオマス発電所(鳥取県米子市/以下、本発電所)の建設工事を完了し、2022年4月2日に営業運転を開始しました。

本発電所は、木質ペレットおよびパーム椰子殻(PKS)を燃料とした、発電出力約54,500kWの木質バイオマス発電所で、再生可能エネルギーの固定価格買取制度による売電を行います。

また、本事業で用いるパーム椰子殻は、2021年4月に資源エネルギー庁より示されている「事業計画策定ガイドライン(バイオマス発電)」に基づき、持続可能性の確保に関する自主的取り組みを行っています(注)。

出資者一同は、本発電所の運転を通じて、今後も持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

(注)米子バイオマス発電所では、国際的に認知された認証を取得したパーム椰子殻の調達に努めます。国内外の燃料供給事業者と連携し、パーム椰子殻の発生地、および流通経路の確認に取り組んでいます。詳細については、米子バイオマス発電所「使用燃料について」をご参照ください。
米子バイオマス発電合同会社ホームページ「使用燃料」

発電所の概要

発電設備所在地 鳥取県米子市大篠津町3153-1
発電出力 54,500kW
想定年間発電電力量 約3.9億kWh(一般家庭約12.5万世帯分に相当)
燃料種別 木質ペレット、パーム椰子殻
工事開始 2019年8月5日
運転開始 2022年4月2日

米子バイオマス発電所の全景

米子バイオマス発電所の全景

米子バイオマス発電合同会社

設立 2018年6月19日
所在地 鳥取県米子市大篠津町3153-1
事業概要 木質バイオマス発電
出資比率 三菱HCキャピタル(30%)、中部電力(30%)、東急不動産(30%)、シンエネルギー開発(5%)、三光(5%)
ウェブサイト 米子バイオマス発電合同会社ホームページ

ページトップへ