HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>四日市火力発電所バイオマス発電設備の開発計画について

プレスリリース 2017年

四日市火力発電所バイオマス発電設備の開発計画について

2017年5月15日

中部電力株式会社

当社は、地球温暖化対策をはじめとした環境保全への取り組みを重要な経営課題のひとつと位置づけています。この度、地球環境に優しい再生可能エネルギーの開発の一環として、当社で初めてとなる木質バイオマス燃料の100%専焼発電設備を開発することとしましたのでお知らせいたします。

四日市火力発電所構内に、木質ペレットおよびパーム椰子殻を燃料とする発電出力49,000kWのバイオマス専焼発電設備を新たに設置いたします。なお、この開発計画によるCO2排出量削減効果は年間約16万トンと想定しております。

今後、地域の皆さまおよび関係各所のご理解・ご協力をいただきながら、計画を進めてまいります。

【四日市火力発電所バイオマス発電設備の開発概要】

発電設備所在地

三重県四日市市三郎町1(四日市火力発電所構内)

発電出力

49,000kW

想定年間発電電力量

約3.8億kWh(一般家庭 約12万世帯分に相当)

燃料種別

木質ペレット、パーム椰子殻

年間燃料使用量

約22万トン
(木質ペレット約15万トン、パーム椰子殻約7万トン)

CO2削減効果

約16万トン/年

本工事開始予定

2018年5月

運転開始予定

2020年4月

以上