四日市バイオマス発電所の使用燃料

燃料種別 年間使用量 原産国
木質ペレット 約15万トン ベトナム
パーム椰子殻 約7万トン インドネシアおよびマレーシア
合計 約22万トン 該当なし

バイオマス燃料の持続可能性の確保に関する取組

木質ペレット

当社は、植林や伐採を計画的に行う等の持続的な管理が実施されている森林で生産される木材を主な原料とする木質ペレットを購入しています。国際的に認知された森林認証制度等により、製造工程から当社に納入されるまで適切に分別管理されていることを確認しています。

パーム椰子殻

当社は、国際的に認知された認証や輸出国の法令・規則に基づく認証を取得したパーム油搾油工場で発生するパーム椰子殻の調達に努めています。国内外の燃料供給事業者と連携し、パーム油搾油工場(以下「パーム油搾油工場リスト」のとおり)の情報収集およびパーム椰子殻の流通経路の確認に取り組んでいます。

パーム油搾油工場リスト

パーム椰子殻発生地点
インドネシア Riau Citra Sarana
Jatimjaya Perkasa
Inti Indosawit Subur
Buana Wiralestari Mas
Ivo Mas Tunggal
Meganusa Intisawit
Rigunas Agri Utama
Ramajaya Pramukti
INECDA
Tunggal Yunus Estate
Mitra Unggul Pusaka
ADEI Plantation & Industry
Surya Agrolika Peksa
Rohul Sawit Industri
Gandaerah Hendana
Sewangi Sawit Sejahtera
マレーシア Sarawak Manis Oil Mill
Igan Oil Mill
Maxiwealth Holding
Maujaya
Southwind Palm Oil Mil
WTK Oil Mil
Palmgroup Plam Oil Mil
Unique Palm Oil Mill
JT Oil Palm Development
Delta Pelita Sebakong
Bintulu Lumber Development
Hariyama
TBS Oil Mil

ページトップへ