安全と健康への取り組み

安全文化の醸成

安全に対する主な取り組み

全社安全大会の開催

当社では、7月の全国安全週間に合わせて、当社経営層および従業員、請負会社の経営者約400名が参加する全社安全大会を開催しております。当社発注工事において、安全面で優秀な成績を収めた企業様への表彰や、参加者の安全活動に資する外部専門家による講演会を実施しています。

これらの機会を通じ、当社と事業のパートナーとなる請負会社が共に「安全はすべてに優先する」という強いコミットメントを共有し、積極的な安全活動に取り組んでいます。

全社安全大会の開催の画像1
全社安全大会の開催の画像2

経営幹部向け安全研修の開催

安全文化醸成の牽引約となる役員や部門長自らが、外部専門家による安全研修を受講しています。研修において、参加者は,組織のリーダーとして求められる安全に対する考え方や具体的行動の示し方について数カ月間にわたり継続的に学び、積極的な実践へ繋げています。

経営幹部向け安全研修の開催の画像1

日々の安全活動

2019年度は、全社安全スローガンとして「自ら実践 仲間に 声掛け 誰もが主役 安全活動」を掲げ、日頃より、すべての役員および従業員が、ゼロ災害に向けた安全活動に取り組んでいます。

従来から実施してきた階層別研修での意識啓発、法令や基本ルール遵守のための教育訓練、災害リスク低減のためのリスクアセスメント、安全パトロールに加え、積極的な経営層のメッセージ発信や、交通立哨等により、工事や車両運転のみならず、あらゆる業務においても安全を最優先とした事業活動に努めています。

日々の安全活動の画像1
日々の安全活動の画像2
日々の安全活動の画像3

実績

労働災害度数率のグラフ 中電力 0.46 全産業 1.83

ページトップへ