安全と健康への取り組み

健康経営の推進

中部電力は「中部電力グループ安全健康基本方針」に基づき、健康経営に取り組んでいます。

健康づくりの取り組み

いつまでも健康でいきいき働くための施策

定期健康診断の受診義務のある従業員を対象とした人間ドック全員受診化(健康保険組合と連携することで従業員費用負担なし)

  • 重大疾病の早期予防・早期発見
  • 健康意識の醸成

65歳までの就労を前提とした自主的かつ継続的な健康づくりの支援

  • 産業保健スタッフによる栄養指導・運動実技指導

女性の健康課題への対応

  • 女性の健康課題に関する相談窓口の設置や各種研修の実施

「こころの病気」の未然予防・早期発見のためのメンタルヘルス対策

  • 各種階層別に時期を捉えた研修・教育を実施
  • ストレスマネジメント手法などを用いた研修の実施
  • ストレスチェック結果を有効活用した職場環境の改善

簡易体力測定

40歳以上の偶数年齢の従業員に対し、(1)立ち上がりテスト(椅子に座り片足で立ちあがる)、(2)2ステップテスト(可能な限り大股で2歩歩く)、(3)開眼片足立ちテスト(片足で1分以上たち続け)の実施可否を測定。

自身の体力を把握することができ、健康意識の醸成に繋がっています。

立ち上がりテストの様子
立ち上がりテスト
2ステップテストの様子
2ステップテスト
開眼片足立ちテストの様子
開眼片足立ちテスト

職場における健康づくり

自主的かつ継続的な健康づくりの習慣化を目指して以下の取り組みをおこなっています。

【職場deプチトレ】

職場単位でプチトレリーダーを選任し、だれでも気軽に参加でき、かつ安全に配慮した無理のない運動や意識づけ活動をおこなっています。
取組事例:15時のストレッチ体操、朝礼時の健康づくり情報提供など

15時のストレッチ体操の様子
15時のストレッチ体操

【健康職場行事】

全社駅伝大会などの会社行事で、健康づくりのイベントを実施しています。参加者に加え、従業員の家族も一緒に参加できるようにし、健康意識を高める機会を提供しています。また、職場の一体感醸成も兼ねて事業場単位で健康づくりに資する行事を計画し、開催しています。

取組事例:全社駅伝大会における健康度測定、管理栄養士や食料品メーカーとのコラボによる食事を通じた健康づくりイベント、昼休みウォーキングイベントなど

健康度測定の様子
健康度測定
食事を通じた健康づくりの様子
食事を通じた健康づくり
昼休みウォーキングの様子
昼休みウォーキング

保健指導会

毎年、定期健康診断後に、当社産業医・保健師が全従業員に対し健診結果をもとに細やかな指導を実施。

心身の変化の気づきを促し、健康の保持・増進に向けたアドバイスをしています。

保健指導会の様子

実績

各種健康づくり施策の結果、運動習慣のある従業員は年々増加しています(最終目標100%)。また、働き方改革により総実労働時間についても徐々に低減しています。今後、安全健康推進会議において、精密再検査の受診率向上など上記以外にも目標値を設定し、健康経営を推進してまいります。

従業員の運動習慣比率

2012年度 週5回以上 4.0% 週3~4回 7.1% 週1~2回 23.7% 月1~2回 24.3% していない 40.9% 2018年度 週5回以上 6.6%  週3~4回 9.3% 週1~2回 26.7% 月1~2回 23.8% していない 33.7%

ページトップへ